タイの象について色々知ろう!

タイの象について色々知ろう

タイで有名な動物といえば「象」を思い浮かべる人が多いと思います。

タイでは身近に象と触れ合える施設があり、象乗り体験なども出来ます。

大きな体に優しい目をした象は、観光客に大人気

今回は、観光地等で象と触れ合う際に役立つ、タイの象の基本情報をご紹介したいと思います。

タイの象とは?

タイの象について色々知ろう

象はアジア象とアフリカ象の2種がいますが、タイにいるのは、体の小さなアジア象です。

頭から尻尾までの平均的な身長は5〜6.5m、体高は3m、鼻の長さは2〜2.5m、体重は4t。

寿命は80〜100歳とされ、現役として仕事に携われるのは20〜50歳くらいまでと言われています。

性別の見分け方は、長い牙があるのがオス。

短い牙や、牙が無いのがメスで、観光地にいるのは、性格が温厚なメスがほとんどです。

象の好きな食べ物は?

タイの象について色々知ろう

象はバナナの木と果実、サトウキビ、パイナップル、とうもろこし、ココナッツの木、草などを食べます。

中でも好物なのはバナナ!

象一頭当たりの1日の食事量は、200〜300kgとされ、水を100L飲み、ほぼ一日中、何かを食べている印象があります。

草を食べる時は鼻で草をつかんだ後、周りの木に叩きつけて、虫や泥を払ってから食べています。

象の身体能力がすごい!

タイの象について色々知ろう

長い鼻、大きな耳が特徴の象。筋肉質な長い鼻を使って食べ物や水などを口に運び、鼻で水を体にかけ、水浴びをします。

この鼻は上唇と鼻に相当する部分が発達したものであり、100〜200kgの丸太を一度に持ち上げたり、先端にある指のような突起で、コイン位の小さな物なども器用につかむことが出来ます。

また、人間には聞こえない低周波音を使い、象同士で会話もするそう。

優れた聴覚により、30〜40km離れた所の音もとらえることが出来ます。

象の気持ちを知ろう!

タイの象について色々知ろう

平常時

耳と尻尾をゆっくりと振り、ゆったりとした動きをします。

嬉しい時

好きな食べ物を食べている時など、嬉しい時は、耳と尻尾をパタパタと早く動かします。

横から見ると口の端が上がって、笑顔になっているのが分かります。

警戒してる時

耳を広げ、鼻を持ち上げて匂いを嗅いで、敵か味方かを判断します。

機嫌が悪い時

じっと動かなくなり、象使いの言う事を聞かなくなります。

鼻で地面を叩き、威嚇してくることも。

後ろに下がると突進体制に入るサイン。

危険な状態です。

象と触れ合う際の注意点

象を触る際、顔や頭、胴は大丈夫ですが、胸の辺りは、くすぐったいので嫌がられます。

また、禁止事項として、耳の良い象の前で騒いだり、餌をあげるふりなどをして、からかう行為をすると、象は怒り出しますので気を付けましょう。

タイの象に会いたい!

タイの象について色々知ろう

いかがでしたか?象は人間を見分けることも出来る高い能力を持っています。

優しく接してくれた人に対しては甘えたり、挨拶をしてくれる事も。

鼻を伸ばして甘えてくる象はとても可愛く、癒されます。象との触れ合いは貴重な経験になると思いますので、タイ旅行の際は、是非、象のいる場所に足を運んでみて下さい。

あわせて読みたい

  • バンコクの気候 – 旅行前にチェックしよう

  • BTSナショナルスタジアム駅

  • ピンクガネーシャと一緒に行っておきたい百年市場「タラート・バーンマイ・ロイピー」

  • メークロン市場 – 線路上に市場を開く珍しい市場

  • 3倍の速さで願いを叶えてくれる「ピンクのガネーシャ」 に会いに行こう!

  • タイプ別「バンコク」ガイドブックの紹介