身も心も癒されるタイのスパ

身も心も癒されるタイのスパ

「スパ天国」と言われるタイのマッサージの歴史は古く、アユタヤ王朝時代には「タイ古式マッサージ」の施術法がまとめられ、マッサージが一つの文化として現在に受け継がれてきています。

スパやマッサージ店は街のいたるところにあり、使用するハーブやアロマオイル、雰囲気なども様々。

気分や体調、予算に合わせて自分の好みのトリートメントが受けられるタイのスパは魅力がいっぱい!

スパサロンの種類

大きく分けて、マッサージ専門サロン、カジュアルスパ、一軒家スパ、高級ホテルのスパの4種類があります。

マッサージ専門サロンは、60分〜180分程度のタイ古式マッサージや足マッサージがメインです。

カジュアルスパや一軒家スパ、高級ホテルのスパは60分程度のトリートメントから半日のパッケージまで豊富なメニューがあります。

マッサージ専門サロン

マッサージ専門サロン

タイ伝統の古式マッサージと足マッサージを得意とし、予約不要で男性も気軽に体験出来ます。

料金の目安は60分で300〜400Bと格安。

スクンビット通りや、サイアムスクエア周辺などの繁華街の他、ショッピングセンターの中にもあります。

カジュアルスパ

カジュアルスパ

一軒家スパやホテルスパのような豪華さはありませんが、清潔で居心地のよいインテリアの中、レベルの高いトリートメントが受けられます。

古式マッサージやフェイシャルなど多彩なメニューを揃えており、料金は60分のマッサージで500 B前後です。

優雅な設備を揃えたマッサージ店でも料金は日本の1/3程度ですので、気軽に体験出来ます。

一軒家スパ

一軒家スパ

昔ながらの邸宅を利用したバンコクならではのスパです。

スクンビット通りの路地に多く点在し、開放的で静けさに包まれた優雅な空間に癒されます。

フェイシャルボディなどのメニューが揃い、60分のタイ古式マッサージで1200B程度です。

ボディスクラブやハーバルボールマッサージ、ヘッドマッサージなどがセットになった180分のパッケージで4000B前後と価格は日本の半額程度です。

ホテルスパ

ホテルスパ

大型ホテルのほとんどに併設され、「ザ・オリエンタルスパ」など世界的に有名な名門スパ多くあります。

優雅なインテリアや細かなサービスはホテルならでは。

シャワーやジャグジーもあり、充実した施設を誇ります。

料金は120分のホテルオリジナルのマッサージとフラワーバスなどがセットになったパッケージで4000〜5000B程度と日本よりもリーズナブルです。

少し贅沢をして自分磨きを存分に楽しみたい人向けです。

スパのメニュー

タイのスパには、ボディ、フェイシャルなど、数多くのメニューがあります。

タイの伝統療法に基づく古式マッサージ、ハーバルボール、ボディスクラブの他、他国の技術も取り入れた多彩なメニューが揃っているのが特徴です。

ボディスクラブ

ボディスクラブ

ソルトとオイルをベースにしたトリートメントです。

クリーム状のペーストを全身に塗り、擦り落として古い角質や毛穴の汚れを除去し、肌を柔らかく滑らかにします。

タイではフルーツやハーブなどの自然素材を使うのが主流です。

ハーバルボールマッサージ

ハーバルボールマッサージ

数種類のハーブを布で包んで、蒸し器で温めた「ハーバルボール」を使うタイの伝統的なトリートメントです。

背中や肩、腰、足などに押し当てる温熱療法で、施術後は全身がポカポカになり、体中のコリがほぐれています。

肩こりや腰の疲れなどに効き、緊張した筋をほぐしてくれるので、オフィス系の仕事の人たちに人気です。

タイ古式マッサージ

タイ古式マッサージ

約2500年前から庶民の間で親しまれてきた療法です。

「セン」と言われる目には見えない全身のエネルギーラインに沿って、ストレッチ要素の強いマッサージでツボを刺激し、全身をほぐします。

つま先から頭のてっぺんまで全身のケアが行われるのが特徴です。

足マッサージ

足マッサージ

足裏にあるツボを刺激しながら新陳代謝や血行を促進するタイの定番療法です。

タイ式は痛すぎず、適度な刺激が気持ちいいので、初心者にもおすすめです。

足裏の角質取りなどがある店もあり、OLに人気があります。

フェイシャルマッサージ

フェイシャルマッサージ

クレンジング、毛穴の掃除、保湿などが一般的な内容です。

タイではキュウリやパパイヤなど自然素材を使う場合も多く、肌質により様々なメニューが用意されています。

ホットストーンマッサージ

ホットストーンマッサージ

温めた玄武岩などの石を使い、滑らせながら全身をマッサージします。

石のスベスベした感触と、暖かさが心地良く、ホテルスパなどで人気メニューとなっています。

ホットストーンの心地よい熱がツボに伝わり、コリがほぐれていくのが実感出来るマッサージです。

アーユルヴェーダ

アーユルヴェーダ

人間の健康に影響を与えるエネルギーバランスを整えることを主とする療法です。

インドの伝統療法のマッサージですが、タイでも人気があります。

温めたオイルを額にゆっくり垂らし、心と体の調和をもたらす、インド哲学や医学を元にしたセラピーが体験出来ます。

スウェディッシュ・マッサージ

スウェディッシュ・マッサージ

肌に負担がかからないように少量のオイルを使い、ゆったりとしたリズムで筋肉をほぐすスウェーデン式マッサージです。

筋肉に適度な刺激を与え、緊張をほぐし、血行を促進します。

筋肉の浅い部分から徐々に深い部分までほぐしていき、リンパの流れを促し、老廃物の排出に効果があります。

アロママッサージ

アロママッサージ

天然のエッセンシャルオイルを使った全身マッサージです。

アロマ香りに包まれながら、優しい指圧が、深いリラクゼーション効果を誘います。

コリやむくみ、ストレスなど様々な悩みにアプローチします。

スパ利用のポイント

身も心も癒されるタイのスパ

快適に施術を受けるためには、いくつかのポイントがあります。

ポイントを押さえて、日常生活で疲れた体を思いっきり癒しましょう。

時間の目安

メニュー選びや、カウンセリング施術後のお茶の時間などを考慮し、施術時間プラス30分は見ておきましょう。

時間ギリギリではなく、余裕を持って スパに到着すると安心です。

予約ができるお店では、事前に予約した方がスムーズに施術を受けられます。

メニューの選び方

時間をどのくらい取れるかを考えてメニューをチョイスします。

コースは60分〜180分程度のものがあります。

体調

食後すぐの満腹時や、飲酒後はリラックス出来ないので、避けた方が無難です。

持ち物

紙ショーツ、 ローブ、ドライヤー、髪ゴムなどは店に用意があるので不要です。

化粧品は揃えてない所が多いので、持って行った方が良いでしょう。

言葉

英語が通じる店が多く、日本人旅行者が多いサロンでは、日本語が出来るスタッフがいる場合もあります。

施術後

施術後すぐは暴飲暴食は避け、ゆったり過ごすのがベターです。

マッサージの後は水分を多く取ると、老廃物が排出されて代謝もアップします。

スパ天国タイで癒しのひとときを

いかがでしたか?

スパ天国タイでは、カジュアルスパから高級スパまで、様々な店舗があります。

街歩きなどの観光も楽しいですが、気分や予算に合わせて、旅行中にスパを活用すると、より充実した時間が過ごせると思います。

タイのスパで、リラックスした癒しのひとときを味わってみるのも素敵ですね。

あわせて読みたい

  • BTSプロンポン駅

  • タイ古式マッサージを受けてみよう

  • 魔法のハーブ療法が受けられるスパ 「アジア・ハーブ・アソシエーション」

  • 黄金の涅槃仏のお寺「ワット・ポー 」

  • タイのスパブランド