フォトジェニックなタイの花「バタフライピー」

フォトジェニックなタイの花「バタフライピー」

ショッピングセンターやカフェで販売されている、タイの青色や紫色をした「バタフライピー」のお茶をご存知でしょうか?

その鮮やかで、美しい色の飲み物は、世界中の人達から注目されています。

タイでは昔から「バタフライピー」の花を使って、青いハーブティーを作ったり、お菓子などの染料にしています。

他にも、服の染色として使われる事もあります。

このように、タイの人達から親しまれている「バタフライピー」には、老化防止や美肌を作る成分が豊富に含まれています。

今回は、そんな「バタフライピー」の特徴や効能をご紹介したいと思います。

「バタフライピー」とは?

フォトジェニックなタイの花「バタフライピー」
フォトジェニックなタイの花「バタフライピー」

「バタフライピー」は、アジアの熱帯地方が原産のマメ科のツル性植物で、タイの公園などでよく見かけます。

花の形が蝶に似ている為、タイ語で「アンチャン」と呼ばれ、日本語では「蝶豆」と呼ばれています。

インドやタイなど東南アジアでは古くから「バタフライピー」の花を使って、青いハーブティーが作られていました。

お茶はとてもきれいな青色をしており、そのままでも飲めますが、レモンやライムを搾ると、クエン酸に反応して、青色が鮮やかな紫色へと変化しますので、色の変化が楽しめます。

バンコクで流行っている飲み方は、「バタフライピー」のお茶に砂糖や、はちみつなどの甘味を足し、レモンやライムを加える飲み方です。

こうする事で「バタフライピー」の豆の匂いが気にならなくなり、甘酸っぱいレモネード風な味になり、美味しく飲む事が出来ます。

見た目も華やかできれいなハーブティーとして、タイ料理レストランでも人気の飲み物になっています。

フォトジェニックなタイの花「バタフライピー」
フォトジェニックなタイの花「バタフライピー」

「バタフライピー」の効果、効能は?

「バタフライピー」には、老化防止・抑制効果などの優れた「抗酸化作用」があり、以下のような効果、効能があると言われています。

老化防止・抑制効果

「バタフライピー」は、ポリフェノールの一種である、アントシアニンを多く含む植物です。

アントシアニンは、私たちの体内で増殖する活性酸素(体をサビさせる物質)を抑制し、細胞膜を守る「抗酸化作用」あります。

老化の原因でもある活性酸素を除去する働きにより、シワやほうれい線、たるみなどの改善が期待出来ます。

白髪や薄毛の予防

「バタフライピー」の「抗酸化作用」は、肌だけではなく、頭皮の血行促進が期待出来、頭皮環境が改善される為、白髪や薄毛の予防にもなると言われています。

タイでは「バタフライピー」から作られている、シャンプーやコンディショナーがあり、大変人気があります。

眼精疲労の回復

バタフライピーには、ブルーベリーの約4倍のアントシアニンが含まれている為、眼精疲労の回復や視力低下の防止に効果を発揮します。

また、紫外線による酸化から目の水晶体を守り、白内障の予防に役立つと言われています。

肥満予防

コレステロールを減らして、血流を良くする効果がありますので、内臓脂肪の蓄積を抑え、加齢と共に太りやすくなる体質を改善してくれます。

「バタフライピー」の作用で注意すべき点

このように「バタフライピー」には、嬉しい効果、効能がたくさんありますが、注意すべき点もあります。

それは、子宮収縮作用と血小板機能を抑制する作用もありますので、生理中や妊娠中の人には向かない事です。

生理中や妊娠中の人は避けるべき飲み物ですので、注意して下さい。

「バタフライピー」の青いラテで話題のカフェ
「Blue Whale Maharaj」

Blue Whale Maharaj
Blue Whale Maharaj

バンコク三大寺院の一つになっている「ワット・ポー」の近くにあるカフェ「Blue Whale Maharaj(ブルーホエール・マハラート)」の青いラテが、今、タイ人の若者と日本人女性に大人気です。

タイ政府観光庁からタイの観光大使に選ばれた「乃木坂46」が「インスタ映えするカフェ」としてこちらのカフェを紹介した事から、更に注目が集まり、名物の「青いラテ」のラテアートが美しいとSNSで評判となっています。

青を基調とした店内は、おしゃれで、魚のウロコのようなタイルで装飾された壁もあり、涼し気な印象です。

バタフライ・ピー・ラテ(Butterfly Pea Latte)
バタフライ・ピー・ラテ(Butterfly Pea Latte)

こちらの店のおすすめメニューは、やはり、SNSで評判になっている「バタフライ・ピー・ラテ(Butterfly Pea Latte)」です。

「バタフライピー」を使った美しいこちらのラテは、「バタフライピー」と牛乳、バニラを使って作られており、「バタフライピー」の豆の風味と、バニラミルクのやさしい甘みのある味がします。

ホットは、美しいラテアートが施され、アイスだと、シナモンスティックと花が添えられ、神秘的なグラデーションが楽しめ、どちらもインスタ映え間違いなし!

寺院巡りの後に是非、立ち寄りたい素敵なスポットです。

  • 住所:392/37 Maha Rat Rd Khwaeng Phra Borom Maha Ratchawang
  • アクセス:ターティアン(Tha Tien)船着き場から徒歩5分。ワット・ポーから徒歩7分。
  • 営業時間:10:00~20:00 
  • 定休日:木曜日

「バタフライピー」のお茶は、三拍子揃った嬉しい飲み物!

いかがでしたか?

「バタフライピー」のお茶は、見て楽しい、飲んで美味しい、体にも良いと、三拍子揃った嬉しい飲み物です。

レモンやライム入りの紫色のものは、味も爽やかで、辛いタイ料理によく合います。

日本ではあまり馴染みのない色味ですが、飲んでみると美味しく、飲みやすい味ですので、レストランなどで見かけた際は、オーダーしてみて下さい。

あわせて読みたい

  • タイの美味しいバナナスイーツのお店 「クルアイクルアイ」

  • パット・ガパオ

  • バンコク旅行で小腹が空いた時は「セブンイレブン」に駆け込もう!

  • ヤム・ソムオー

  • バンコクで食べたいエビ料理

  • マッサマンカレー(イスラム風カレー)