辛いタイ料理はどれ?

トムヤムクン鍋

「タイ料理は辛い」というイメージが定着していると思いますが、実際は、タイ料理の半分は辛くない料理です。

タイ料理のうち、半分が昔からタイにあった辛い料理、もう半分が後から広まった中華系の辛くない料理となっています。

生の唐辛子を食べ、辛い料理を好むタイ王国に、19世紀頃、中国からの移民が移り住んだ事によって新しい調理法が伝わり、その結果、タイ料理と中華料理が融合した中華系タイ料理が生まれました。

中華系移民の影響で、タイの食文化に広がりが出て、現在のように料理のレパートリーが豊富になっています。

今回は、そんなタイ料理の中でも昔から人々に親しまれている、タイを代表する辛い料理をご紹介いたします。

辛い料理に入れられている、タイの唐辛子の特徴

辛い事で有名な韓国やインド料理の辛さは、乾燥唐辛子の辛さです。

タイ料理の場合でも乾燥唐辛子を使いますが、生唐辛子を大量に使いますので、辛さの性質がかなり違います。

タイの唐辛子は乾燥したものよりも生の方が辛く、外皮よりも種、大きなものより小さなもの、丸のままよりも刻んだものの方が、辛さが強烈です。

赤唐辛子

唐辛子

真っ赤な赤唐辛子は、見るからに辛そうですが、タイでは辛みを出す以外に、パプリカのように、赤い色を出す為のスパイスとしても使われています。

生のままや、輪切りや細切りにし、料理の赤い彩りとしても使い、辛いものが苦手という人でなければ問題なく食べられる辛さです。

大きいサイズの赤唐辛子で、パプリカと間違えるぐらいに辛味が少なく、あまり刺激の無いものもあります。

青唐辛子

青唐辛子

色々な種類がある唐辛子の中でも、一際辛いものは「プリッキーヌー」と呼ばれている、2~3cmほどのサイズの緑の小さな唐辛子です。

少し青臭く爽やかな風味がありますが、 赤唐辛子と違い、料理に入っていても目立ちにくく、この唐辛子を知らずに口に入れてしまうと、神経に響くような辛さが襲って来ます。

この辛さに慣れてしまえば美味しく感じますが、初めて食べる人は、今まで味わったことのない辛さに悶絶するかもしれません。

テーブルに青唐辛子が備え付けられている店もあり、辛さを足す為、タイの人は、日本人が漬物でも食べるかのように、この唐辛子を生のままかじりながら、食事する事もあります。

唐辛子を使った辛い料理

レッドカレー

ゲーン・ペット(レッドカレー)

レッドカレーのペーストは海老味噌と乾燥唐辛子で作られています。

そのままだとビリビリと辛いので、ココナッツミルクを入れ甘さを足したり、トマトを入れ、甘酸っぱくする店も。

真赤な色でいかにも辛そうなレッドカレーは見た目通りとても辛く、現地の人に人気です。

グリーンカレー

グリーンカレー

グリーンカレーのペーストには、青唐辛子がふんだんに使われていますので、緑色をしています。

ココナッツミルクを入れているので、ただ辛いだけでなく、甘みもあり、マイルドな味付けです。

タイハーブの香りと、青唐辛子の尖ったような辛さが後を引きます。

トムヤム・クン

トムヤムクン(エビの辛いスープ)

海老の旨味に辛味、酸味、甘みが溶け込んだ奥深い味わい。

トムヤムペースト、青唐辛子と赤唐辛子、タイ生姜、レモングラス、コブミカンの葉を入れて煮込んだスープ。

辛く、酸っぱく、香りの強いタイを代表する料理で、「世界三大スープ」の1つになっています。

ソムタム

ソムタム(青パパイヤサラダ)

辛い料理で有名なイサーン(タイ東北部) 地方の料理。

青パパイヤに青唐辛子や赤唐辛子、ヤシ砂糖、ナンプラー、ライムなどを入れ、辛く、甘酸っぱい味付けがされ、人気のサラダです。

色々な種類のソムタムがありますが、バンコクを中心に食べられている「ソムタム・タイ」は比較的辛さが控え目で、食べやすい味付けになっています。

ヤムウンセン

ヤムウンセン(春雨のシーフードサラダ)

春雨を青唐辛子と赤唐辛子、ナンプラーやライムで和えたサラダ。

甘酸っぱ辛く、エビやイカなどのシーフード、挽肉が入った豪華なサラダで、唐辛子の辛味が舌を刺激します。

店によって酸っぱすぎたり、激辛にする事もありますので、そんな時は、砂糖を少し足すと食べやすくなります。

カーオ・パット・ガパオ・ガイ

ガパオ

鶏肉とホーリーバジル炒めは、タイで人気ナンバーワンのメニュー。

青唐辛子と赤唐辛子が使われており、この料理を作る時に出る、唐辛子とニンニクが混じった煙は目にしみる程。

醤油ベースで作られたこの料理は、唐辛子の辛さが後からじわじわと効いてきて、辛いけど夢中になる美味しさです。

ラープ

ラープ・ムー(ハーブの挽肉和え)

細切れにした肉に、粉唐辛子、玉ねぎ、ライム、ミントなどのハーブ、煎り米粉 を和えた料理。

唐辛子がピリリと辛く、ライムやハーブが爽やかな、お酒のつまみに合う料理です。

タイ料理は病みつきになる

いかがでしたか?

タイを代表する辛い料理をご紹介しましたが、本場の辛いタイ料理は一度味わったら、病みつきになると思います。

豪快に生の唐辛子を使いながらも、ただ辛いだけではなく、甘さや酸っぱさを加えたタイ料理の味付けは奥が深く、夢中になる美味しさです。

辛い料理が好きな人はもちろん、そうでない人も、少量の砂糖を足すと食べやすくなるという裏技もありますので、タイの辛い料理にチャレンジしてみて下さい。

あわせて読みたい

  • 「BTSアソーク駅」「MRTスクンビット駅」

  • ヤム・ソムオー

  • タイで一番有名なお茶「Cha Tra Mue( チャトラムー)」の「タイティー」

  • カオモックガイ

  • マッサマンカレー(イスラム風カレー)

  • ヤムウンセン – 春雨が主役のヘルシーなサラダ