タイの庶民派グルメを「フードコート」で食べ尽くそう!

タイの庶民派グルメを「フードコート」で食べ尽くそう!

デパートやショッピングセンターの上階や地下にあり、タイのローカルフードをちょっとおしゃれに味わえる格好の場所が「フードコート」です。

買い物ついでに立ち寄りたい、多彩な庶民派グルメが気軽に楽しめる「フードコート」をご紹介いたします。

「フードコート」とは?

タイの庶民派グルメを「フードコート」で食べ尽くそう!

屋台街をビルの中に移したような「フードコート」は、タイの有名屋台料理を知るのに最適な場所です。

衛生面も安心の快適な空間で、タイのローカルフードが味わえます。

窓口でクーポンやチャージ式のカードなどを購入し、支払いはそれを使います。

店内には、麺類やご飯ものから海鮮料理などのブースがあり、それぞれのブースには、写真付きのメニュー表やサンプルが用意され、料理にはすべて番号が振られています。

料理名が分からなくても、番号を伝えるか、指差し注文でOK。

言葉の壁を感じる事無く、簡単に注文が出来てしまう「フードコート」は、ローカルフードを食べたい人にとってありがたい場所です。

食事するまでの流れ

1. 窓口でクーポンやチャージ式のカードを購入する

料理は一品50〜100B程度、飲み物は20〜40Bですので、1人200Bも購入すれば十分です。

残額が出ても払い戻し可能ですので、最初は多めにチャージしておきましょう。

2. ブースに並ぶ

食べたい料理があるブースに並び注文をして、クーポンやチャージ式のカードで支払いをします。

ブースに並んでいるタイの人が注文した、美味しそうな料理を指差すのも良いですね。

店員からたまに英語で聞かれる事といえば「辛くしますか?」位ですので、言葉が分かれなくても大丈夫です。

3. 席を見つけ食事する

スプーンやフォーク箸は「フードコート」内数箇所に用意されていますので、取りに行きます。

席を見つけて食事をする際、店内が混み合っていたら、タイでは相席する事もあります。

4. 窓口で残金の払い戻しをする

払い戻し可能な期間は、当日から1ヶ月までのところがありますが、短期旅行者の人は帰りの際、忘れずに残金の払い戻しをしておきましょう。

人気の「フードコート」の紹介

ショッピングセンターに入っているフードコートの中から、特に味が良く雰囲気も抜群な「フードコート」をご紹介いたします。

安くて美味しい
「ピア21フードターミナル」

タイの庶民派グルメを「フードコート」で食べ尽くそう!
タイの庶民派グルメを「フードコート」で食べ尽くそう!
タイの庶民派グルメを「フードコート」で食べ尽くそう!

BTSアソーク駅直結の人気ファッションビル「ターミナル21」の5階にある「フードコート」です。

タイ料理を中心に32店舗あり、味に定評がある名店ぞろい。

バンコクのヤワラート(中華街)の人気店が入っていたり、タイへの旅行中に必ず食べておきたい料理ばかりです。

連日超満員ですが、座席は1000席もありますので、座る場所も見つかります。

どの店も安くて美味しいので、地元の人が多く大人気です。

  • 住所:Terminal21 5floor, 2,88 Sukhumvit Soi 19(Wattana) Sukhumvit Rd. North Klongtoei, Wattana, Bangkok 10110
  • アクセス:BTSアソーク駅より徒歩1分
  • 営業時間:10:00~22:00

おしゃれなカフェのような雰囲気の
「エンポリアムフードホール」

タイの庶民派グルメを「フードコート」で食べ尽くそう!
タイの庶民派グルメを「フードコート」で食べ尽くそう!
タイの庶民派グルメを「フードコート」で食べ尽くそう!

スクンビットの高級デパート「エンポリアム」の5階にある、雰囲気抜群の「フードコート」です。

全部で22店舗あり、タイ料理だけでなく、インド料理、日本料理もあります。

座席は余裕のある配置になっており、「フードコート」とは思えないほどの高級感があります。

在住日本人の利用者が多いのが特徴です。

5階なので、窓際の席をキープすれば、景色を楽しみながら食事することができ、ちょっぴりリッチな感じを味わう事ができます。

  • 住所:622 Sukhumvit 24 Road, Klongtoey, Bangkok 10110
  • アクセス:BTSプロンポン駅より徒歩1分
  • 営業時間:10:00~22:00

広くてきれいな
「クオーティエフードホール」

タイの庶民派グルメを「フードコート」で食べ尽くそう!
タイの庶民派グルメを「フードコート」で食べ尽くそう!
タイの庶民派グルメを「フードコート」で食べ尽くそう!

高級路線のショッピングモール「エムクオーティエ」のB階(地下1階)にある「フードコート」です。

クイッティアオ(タイラーメン)、タイスキ(タイ風すき焼き)、イェンタフォー(紅腐乳入りラーメン)の有名店が出店していて話題となっています。

店舗は全部で18店舗あります。

高級ショッピングモールだけあり、フードコート内は清潔に保たれています。

ゆっくり食事を楽しむことができる空間です。

  • 住所:EmQuartier Shopping complex B1 floor, 693 Sukhumvit Road, Klongton Nua, Wattana Bangkok
  • アクセス:BTSプロンポン駅より徒歩1分
  • 営業時間:10:00~22:00

どれを食べてもハズレ無しな
「フードリパブリック」

タイの庶民派グルメを「フードコート」で食べ尽くそう!
タイの庶民派グルメを「フードコート」で食べ尽くそう!

サイアムセンターの4階にあり、市内の有名店も出店している実力派の「フードコート」です。

明るい雰囲気の店内は、タイ、シンガポール、インド、韓国料理など、25店舗が揃っています。

ランチの時間帯や土日は混み合いますが、次々、食事を終えて席を立つ人が現れますので、広い店内では席に困ることはありません。

  • 住所:407 4 floor Siam Center, Rama I Road, Pathum Wan, Bangkok, Thailand
  • アクセス:BTSサイアム駅より徒歩1分
  • 営業時間:10:00~22:00

フードコートで屋台料理に挑戦

いかがでしたか?

「フードコート」は、デパートやショッピングセンター内ということで、衛生管理も徹底されており、路上の屋台に躊躇してしまう人でも、こちらでしたら屋台料理に挑戦出来ると思います。

指差し注文で済み、代表的な屋台料理が一箇所に集まった使い勝手の良い施設ですので、是非、ショッピングの際に立ち寄って食事を楽しんでみて下さい。

あわせて読みたい

  • メーワーリー – バンコクで美味しいマンゴーが食べられる、おすすめのお店

  • BTSスラサック駅

  • 便利で美味しい「タイの食堂」

  • バンコクでも人気!タイの国民的スイーツ

  • カオパッド

  • トム・カー・ガイ