マッサマンカレー(イスラム風カレー)

マッサマンカレー

「マッサマンカレー」は、2011年にアメリカの情報サイト、CNNインターナショナルのCNN Goで「世界で最も美味な料理ランキング50」の1位に選ばれたのを機に、世界の人達から注目されています。

タイでは「ゲーン・マッサマン」と呼ばれ、タイ語で「ゲーン」はカレー、「マッサマン」とはイスラム教のという意味になります。

辛さ控えめで、ピーナッツ、鶏肉、じゃがいもが入った食べやすいカレーです。

「マッサマンカレー」とはどんな料理?

マッサマンカレー

ある説では、16世紀にアユタヤ王朝を訪れたペルシアの使者や、貿易商の影響を受け、タイ中部で生まれた料理と言われています。

また別の説では、タイ南部を訪れた、アラブ人の貿易商人により伝わったとされており、どちらの説が正しいのかは分かっていません。

イスラム教徒から伝来したことから、イスラム教の食の規律(ハラール)に従って、このカレーは鶏肉、牛肉、羊肉などで作られていますが、高級タイ料理の店では、鴨肉、豆腐、豚肉が用いられていることもあります。

「マッサマンカレー」に使われるスパイス

マッサマンカレー

レッド、グリーン、イエローなどの他のカレーが、フレッシュハーブをベースに作られているのに対し、マッサマンカレーは、カルダモンやシナモン、八角などの乾燥スパイスを用いているのが特徴です。

鶏肉と乾燥唐辛子やレモングラス、ピーナッツ、ココナッツミルク、ターメリックなどを加え、シナモン、カルダモン、八角、クミン、クローブなどの乾燥スパイスを入れ、香り高く仕上げています。

タイカレーは、さっと煮て仕上げるものが多いのですが、こちらのカレーはしっかり煮込み、時間をかけて作ります。

深いコクと、スパイスの香りが食欲をそそり、辛さ控えめで、上質な甘みのある味付けです。

タイカレーでは、あまり使われる事の無いスパイスが入っていますので、独特な風味が楽しめ、「マッサマンカレー」を口にすると、そのまろやかで、優しい味付けに驚かれる事でしょう。

「マッサマンカレー」は、あまり有名でなかった

「マッサマンカレー」は、タイの宮廷料理として親しまれてきました。

しかし、タイ在住のイスラム教徒を中心に食べられているカレーなので、北部や中部のタイ人にはあまり馴染みのない料理でした。

「世界で一番」と評価されてから徐々に注目を集めるようになり、世界中から「マッサマンカレー」を食べたいという観光客が訪れる為、メニューに加えるレストランも出てきています。

店によって味も具材も様々ですので、色々食べ比べてみて楽しむことが出来ると思います。

あわせて読みたい

  • 便利で美味しい「タイの食堂」

  • タイのインスタントラーメンをコンビニで買ってみた!

  • カイジャーオ

  • グリーンカレー

  • パット・ガパオ

  • イサーン(タイ東北地方)料理