レッドカレー

レッドカレー

タイのカレーは、赤唐辛子をベースにした「レッドカレー」、生の青唐辛子をベースにした「グリーンカレー」、ターメリックが入った「イエローカレー」の3種類が定番です。

日本で一番人気のあるカレーは、「グリーンカレー」ですが、タイで一番人気は「レッドカレー」です。

タイ語で「レッドカレー」は ゲーン・ペットと呼ばれ、「ゲーン」はカレー、「ペット」は辛いという意味です。

今回は、惣菜屋台などでも、種類が豊富に揃えられており、人気の高い「レッドカレー」をご紹介いたします。

「レッドカレー」とはどんな料理?

ゲーン・ペット(レッドカレー)

乾燥唐辛子、生胡椒、ニンニク、パクチー、エシャロット、タイ生姜、カピ(エビ味噌噌)、コブミカンの葉、レモングラスをすり潰して「レッドカレー」のペーストを作ります。

このペーストは 真っ赤に染まり、少量でも激辛な味になります。

激辛のペーストを炒めて、ココナッツミルクやナンプラー、砂糖、ナス、タケノコ、肉を煮込むと、「レッドカレー」 の完成です。

ココナッツミルクを入れている為、辛さはかなり中和され、濃厚なエビ味噌の旨みか引き立ち、食べやすい味になっています。

レッドカレーとカノムチーン

タイの人達は、カレーをご飯だけでなく、素麺にかけて食べたり、最近では「ロティ」と言われる、小麦粉を練って油で揚げた、ナンを薄くしたような、スナックに付けて食べる事もあります。

ココナッツミルクを入れないカレー「ゲーン・バー」とは?

「レッドカレー」にココナッツミルクを入れない料理は「ゲーン・パー」 と呼ばれています。

タイ語で「森のカレー」もしくは「田舎風カレー」という意味です。

こちらのカレーは、ココナッツミルクのマイルドさや、甘さが全く無いので、ビリビリするほどの辛さです。

辛い料理好きの人でないと、食べられないかもしれません。

「レッドカレー」と見た目がそっくりですので、知らずに注文すると大変な事に!野菜が多めの、クリアースープになっているのが特徴です。

「レッドカレー」の種類

ホーモックプラー(白身魚のカレー煮)

「レッドカレー」には、鶏肉、アヒル肉、豚肉、牛肉、タケノコ、トマト、つみれ、イワシ、ナマズなどの具材が使われたものがあります。

「グリーンカレー」や「イエローカレー」よりも種類が豊富で、炒飯や、「レッドカレー」を蒸焼きにした「ホーモック」という料理も人気です。

「ホーモック」は、お祝いの席でよく食べられる料理で、白身魚のすり身や、エビなどをレッドカレーペーストと、ココナッツミルクを入れ、バナナの葉で包み、蒸し焼きにしています。

上に赤唐辛子やパンダンリーフ、ココナッツミルクが乗っていて、茶碗蒸しのような、ふわふわした食感です。

口当たりはマイルドですが、しっかりと「レッドカレー」の辛さがあり、後からじわじわと辛くなってきます。

本場で味わいたい「レッドカレー」

「レッドカレー」は本場で味わいたい

いかがでしたか?

「レッドカレー」は色々なバリエーションがありますが、現地のタイ料理店でないと、なかなかお目にかかる事が出来ません。

フードコートや惣菜屋台では、2〜3種類おかずを選び、ご飯にかけてもらうスタイルの店があります。

そういった店では、5種類ぐらいの「レッドカレー」が用意されていると思いますので、美味しそうなものを見かけたら、チャレンジしてみるのも良いですね。

その際は、辛さの確認もお忘れなく!

あわせて読みたい

  • タイのスパイスとハーブ

  • カオマンガイ – シンプルながらも奥が深いタイの定番料理

  • カオパッド

  • バンコクの「水」事情

  • BTSプロンポン駅

  • タイスキ