タイの美味しいバナナスイーツのお店 「クルアイクルアイ」

クルアイクルアイ

「クルアイクルアイ」は、バンコクの原宿と言われる「サイアムスクエアー」にある、地元の若者に人気のバナナスイーツのお店です。

「クルアイ」とはタイ語で「バナナ」の事。店名の「クルアイクルアイ」とは、「バナナバナナ」という意味になります。

その名前の通り、「フライドバナナ」をメインにした、バナナ尽くしのメニューが充実しています。

バナナスイーツの美味しい店として、多くのファンを持ち、タイの有名人なども数多く訪れる人気店です。

今回は、おすすめスイーツのお店「クルアイクルアイ」をご紹介したいと思います。

クルアイクルアイの場所は?

クルアイクルアイ

お店は「BTSサイアム駅」からすぐの場所にある、リド(LIDO)という、ローカルな雰囲気のショッピングセンターの2階にお店を構えています。

サイアムパラゴンやサイアムセンターとは反対側のBTS2番出口から約5分くらいの場所にあります。

アクセス良好ですので、サイアム周辺で買い物を楽しんだ後、気軽に立ち寄る事が出来ます。

クルアイクルアイの様子は?

クルアイクルアイ

先日、訪れた時には、以前の場所から数メートル向かいの場所に移転していて、リニューアルオープンしていました。

以前は、カウンター席とテーブル席が数席と簡素な造りの店構えでしたが、移転後の店は、テーブル席が並び、居心地の良い、小綺麗な空間になっています。

更に、「クルアイクルアイ」の店内には、ゲーン食堂(出来合いのおかずを数種類選び、ご飯にかけるスタイルの食堂)のブースも加わり、食事も取れるようになりました。

食事をした後は、食後のデザートとして、バナナスイーツが食べられるようになっていますので、またまた流行りそうな予感がします。

普段から、学校帰りの学生で賑わう時間帯などは、満席になる「クルアイクルアイ」ですが、そんな時は、お持ち帰りすることも出来ますし、回転も速いので、少し待てば座れると思います。

クルアイ・クルアイ」美味しさの秘密

クルアイクルアイ

「クルアイ・クルアイ」の美味しさの秘密は、タイ国内の契約農家から直送される甘みの強いバナナを使っている事にあります。

バナナと相性抜群の調理法とトッピングは、全てこの店の女性オーナーが考案したそうです。

クルアイ・クルアイ の看板メニューは?

クルアイクルアイ

このお店の代表メニューは、何と言ってもバナナを油で揚げた「フライドバナナ」。

トッピングとして、チョコレートやキャラメル、ストロベリー、ハチミツ、コンデンスミルクの5種類の中から好きなものを選び、「フライドバナナ」(60B)にかけてもらいます。

日本では馴染みの無い調理法ですが、衣を付け揚げたバナナの食感は、外はカリカリ、中はねっとりとして柔らか。

味は、熱を通した為、更にバナナの甘みが増し、濃厚な味が楽しめます。

私は、いつもチョコレートのトッピングを注文していますが、ドーナツのような衣をまとった熱々のバナナに、甘いチョコレートが良く合い、「日本にもこの店があったら良いのに」と思ってしまいます。

クルアイクルアイ

単品もいいですが、おすすめなのは、フライドバナナに生クリームと、バニラアイスが添えられた 「フライドバナナ・ホイップ・アイスクリーム」(109B) です。

こちらはフライドバナナにチョコチップ入りのアイスクリームと、ホイップクリームが添えられた、最強のコンビネーションで、「クルアイクルアイ」の看板メニューにもなっています。

熱々のフライドバナナを食べながら、冷たいアイスを口に運ぶと、相性抜群で、買い物の疲れも吹き飛んでしまいます。

クルアイクルアイの他のメニューは?

クルアイクルアイ

全部で8種類のバナナスイーツがあります。

グループ客がよくオーダーするメニューのひとつが、バナナの実を丸めて揚げた「バナナボール」(60B)。

味は「フライドバナナ」と同じで、タコ焼きのような形をしてますので、グループで分けやすく人気です。

また「バナナ春巻き」や「バナナワッフル・アイスクリーム」(89B)、「バターミルクバナナ」、「バナナワンタン」(各60B)などもあります。

クルアイクルアイのドリンク類にも注目!

クルアイクルアイ

「クルアイクルアイ」のドリンクは、「コーラ」や「アイスティー」、「ハニーレモンティー」などがあります。

また、シェイク類には、すべてのメニューにバナナが使用されており、「バナナミルク」、「チョコレートバナナ」、「オレオバナナ」、「グリーンティバナナ」など、さまざまな種類があり、値段は60〜90Bです。

スイーツと比べると、シェイク類は値段が高めに感じますが、バナナがたっぷりと使われた濃厚なシェイクですので、スイーツと一緒にオーダーする人も多く、これだけを飲みに来る人もいます。

店内入り口にある食堂も気になる!

クルアイクルアイ
クルアイクルアイ

「クルアイクルアイ」の店内には、「ゲーン」食堂と言われる、おかずを数品選び、ご飯にかけるスタイルの食堂があります。

「ゲーン」とは、タイ語でカレーやスープ類の意味で、おかずとして、カレーなどの汁物が多い事から、このタイプの食堂を「ゲーン食堂」と呼びます。

周囲にいたお客さんは、食堂でグリーンカレーと野菜炒めを注文して、ご飯にかけて食べていました。

「クルアイクルアイ」が食堂と一緒になって、更にパワーアップしているようです。

サイアムエリアを訪れたらクルアイクルアイをトライしよう!

いかがでしたか?

バナナスイーツ店「クルアイクルアイ」には、「フライドバナナ」 を中心とした魅力的なスイーツがたくさんあります。

日本では食べられない、タイオリジナルのスイーツですので、サイアムエリアを訪れた際は、是非、トライしてみて下さい!

  • 住所:256 Lido Cinema, Siam Square 2 , Pathum Wan, Bangkok
  • アクセス:BTSサイアム駅から徒歩5分
  • 営業時間:10:30~20:30
  • 定休日:なし

あわせて読みたい

  • トム・カー・ガイ

  • タイで一番有名なお茶「Cha Tra Mue( チャトラムー)」の「タイティー」

  • バンコクの「水」事情

  • スタイリッシュで美味しい!タイ料理レストラン「タリンプリン」

  • タイのカップラーメン「MAMA」を食べ比べ!

  • 美味しいタイの家庭料理が食べられる店「バーン・クンメー」