バンコク市内観光の交通手段

バンコク市内観光の交通手段

バンコク観光のスケジュールを立て、行きたいエリアや観光地を決めた後は、一緒に交通手段も考えておきたいところです。

今回は、バンコク市内観光の際に使われる、代表的な交通手段の特徴と、それぞれのメリット、デメリットについてご紹介します!

バンコク市内の電車

バンコク市内観光の交通手段 BTS

バンコクで通勤、通学の足として一般的なのが電車です。

バンコクには、高架鉄道(BTS)と地下鉄(MRT)、エアポート・レール・リンク(ARL)があります。

清潔で渋滞知らずな為、観光客も利用する事が多く、電車の本数も多いので大変便利です。

宿泊先のホテルから駅が近ければ、是非、利用してみて下さい。

メリット

  • 清潔(駅構内、車内での飲食禁止)
  • 安全(女性一人でもOK)
  • 速い(バンコクの渋滞を回避)
  • 英語表記もあり、分かりやすい
  • 安い(BTS:16バーツ~、MRT:16バーツ~ 、ARL:15 バーツ〜)
  • 電車が頻繁に来る(BTS: 3〜8分おき、MRT: 5〜10分おき 、ARL:10〜15分おき)

デメリット

  • 深夜0時~早朝6時までは運行していない
  • 平日の朝夕は通勤、通学ラッシュがある
  • 券売所が混んでいる

バンコク市内のタクシー

バンコク市内観光の交通手段 タクシー

日本とは比べものにならない程、料金の安いバンコクのタクシー。

旅行者の大半が旅行中、一度は利用する交通手段ではないでしょうか。

初乗りが35バーツで、空港までタクシーに乗っても300~400バーツ程です。

荷物が多い時などは特に便利です。渋滞にはまる可能性もありますが、歩かずに楽々移動したい人は、迷わすタクシー利用をしましょう。

2~4人で旅行の際には電車移動よりも安くなります。

日中、太陽が照りつけるバンコクの道路を歩くのは大変ですので、タクシーで快適に移動すると体力を消耗せずに、後々も観光を楽しむ事が出来ます。

メリット

  • 目的地の前まで行く事が出来る
  • 市内の至る所で乗車可能(疲れた時にすぐ乗れる)
  • 料金が安い(初乗り35バーツ)
  • 荷物が多いときに便利
  • 体力を消耗しないで済む

デメリット

  • 渋滞あり(時間帯や状況によって異なります)
  • 渋滞時や深夜には乗車を拒否される事もある
  • 深夜は女性一人での乗車はおすすめしません

バンコク市内のバス

バンコク市内観光の交通手段

バンコクのバスは、かなりの上級者向け交通手段です。

200近い路線がありますので、バス停に設置されている案内板を確認し、念の為、並んでいる人達にも、バスの行き先を尋ねてみましょう。

冷房ありのバスは12バーツ~、冷房のないバスはさらに安く6.5バーツ~と激安。

タイ語が出来なくても身振り手振りで伝わり、タイの人達は親切ですので、分かる人が答えてくれます。

バンコク市内の街並みを見る事が出来、人々の暮らしが見えてきます。

格安旅行を目指す人にもおすすめです。

メリット

  • 格安で乗車可能
  • 至る所に停留所あり

デメリット

  • 渋滞あり
  • 地元の人と会話をする必要がある(タクシーなどと違い、大勢の乗客がいる為、速やかに意思の疎通を図る必要がある)

バンコク市内のトゥクトゥク

バンコク市内観光の交通手段 トゥクトゥク

「トゥクトゥク」とはタイ名物、三輪自動車の事で、主に観光スポット付近で客待ちをしています。

このトゥクトゥクは観光客に人気で、王宮周辺の寺院見物や、カオサンロード散策の際に利用する観光客が多くいます。

また、タイの人達は、「チャトチャック・ウィークエンド・マーケット」でたっぷり買い物した時に、大きな荷物が積めるトゥクトゥクを利用します。

定員は3名ですが、運転手が了解すれば何人乗っても構わないという、大らかさがあります。

タイならではの乗り物ですので、一度試す価値ありです。

メリット

  • タクシーに比べ小回りが利く
  • 大量の荷物を運べる
  • 定員は運転手が決める

デメリット

  • どこにでもいるわけではなく、観光地でないと見かけない
  • 直接風や排気ガスにあたる
  • 値段は交渉制でタクシーよりも割高になることも

バンコク市内のモーターサイ(バイクタクシー)

バンコク市内観光の交通手段 モーターサイ・ソンテウ

渋滞にはまることなく、すいすい道を通ることが出来るのがモータサイ(バイクタクシー)です。

運転手はオレンジ色のベストを着用し、道路の脇にたくさんいますので、すぐに見つかります。

モーターサイ乗り場には、行先別に料金が書かれた表が設置されていますので、乗車前に料金を確認しましょう。

タイの人達は、日常的にモータサイを利用し、自宅から最寄り駅までや、会社からランチに出かける時などに利用しています。

同じ路地内の移動なら10バーツですので、気軽に使います。

小回りが利き便利な乗り物ですが、自動車の脇すれすれを走るので、膝を自動車にぶつけて怪我をする人もいます。

乗車の際は、足を開かないよう注意が必要です。

メリット

  • 渋滞を回避できる(車と車の間を抜けていきます)
  • 安い(近いところで10バーツ~)
  • 運転手が至る所にいる

デメリット

  • バイクに2人乗りのため危険も
  • 直接風や排気ガスに当たる
  • 日焼けをする

交通手段を使いこなして、観光を楽しもう

バンコク市内観光の交通手段 MRT

いかがでしたか?

バンコクの交通手段には、それぞれ特徴がありますので、状況に合わせて使い分けましょう。

バンコクの場合、主要な観光スポットは、駅から近い場所にありますので、一番おすすめの交通手段は電車です。

駅から徒歩10分以上かかる場所は、電車とタクシーを組み合わせて、駅前からタクシーに乗り、目的地に向かうと渋滞にも遭わず、スムーズにアクセス出来ます。

バンコクの街に慣れてきたら、徐々に別の交通手段を使って、観光を楽しんでも良いと思います。

それでは、バンコクで素敵な時をお過ごし下さい!

あわせて読みたい

  • チャオプラヤー・ツーリストボートで出かけよう

  • タイの曜日別の守護仏が並ぶ、黄金の丘「ワット・サケート」

  • バンコクから日帰り観光出来る、世界遺産「アユタヤ」

  • ニューハーフショー – バンコクに来たら必ず見たい!?

  • バンコクの中心でパワースポット巡り

  • バンコクで病気になった時に使うタイ語フレーズと病院情報