バンコクのコインロッカーサービス「LOCK BOX」

バンコクのコインロッカーサービス「LOCK BOX」

バンコク旅行の際に、大きな荷物を持ったまま移動するのは大変です。

出来れば身軽になって観光を楽しみたいですよね?

「荷物をどこかに預けたい」そんな時に、便利なのが、タイで誕生したコインロッカーサービス「LOCK BOX」です。

2016年にスタートし、最初は数箇所のみ設置されていましたが、2018年10月現在は、観光客の利用が多いエリアを中心に地下鉄(MRT)13駅20箇所に「LOCK BOX」が設置されています。

「LOCK BOX」とは?

バンコクのコインロッカーサービス「LOCK BOX」

黄色の目立つ外見のコインロッカー「LOCK BOX」は、地下鉄(MRT)13駅と、エアポート・レール・リンク(ARL)のマッカサン駅の出入り口付近など、合計20箇所に設置されています。

「LOCK BOX」の使用料金は?

Sサイズ 20バーツ/時間 120バーツ/日
Mサイズ 30バーツ/時間 180バーツ/日
Lサイズ 40バーツ/時間 240バーツ/日
XLサイズ 50バーツ/時間 300バーツ/日

「LOCK BOX」の設置場所

バンコクのコインロッカーサービス「LOCK BOX」

  • MRTガムペンぺット駅2番出口
  • MRTチャットチャクパーク駅1、3番出口
  • MRTパホンティンスカイウォーク
  • MRTパホンヨーティン駅5番出口
  • MRTラップラオ駅出口4番出口
  • MRT スティサーン駅3番出口
  • MRTファイクワーン駅1番出口
  • MRTタイ文化センター駅3番出口
  • MRTラマ9駅2番出口
  • MRTペッチャブリ駅1番出口
  • MRTスクンビット駅1、2、3番出口
  • MRTシーロムスカイウォーク
  • MRTシーロム駅2番出口
  • MRTサムヤーン駅1番出口
  • MRTフアランポーン駅2番出口
  • ARL(エアポート・レール・リンク)マッカサン駅

Rockbox 操作方法

バンコクのコインロッカーサービス「LOCK BOX」

多言語対応しており、画面右上のタイ、イギリス、中国、日本の国旗の中から日本の国旗を選ぶと、日本語表記になります。

荷物を預ける場合

バンコクのコインロッカーサービス「LOCK BOX」

1. 画面をタッチ

上部の「言語を選択する」で日本の国旗をタッチして、日本語モードに切り替えます。

バンコクのコインロッカーサービス「LOCK BOX」

2. 「取り込む」を選択

預ける時は「取り込む」を選択します。

バンコクのコインロッカーサービス「LOCK BOX」

3. 預けるボックスを選択

黄色が空きで赤が使用中です。

バンコクのコインロッカーサービス「LOCK BOX」

4. パスワードを設定

開く時のためのパスワードを設定します。忘れない様に注意しましょう。

5. 預ける期間を設定

短時間の場合は時間当たりの料金ですが、24時間を超えると、1日単位で料金が追加されます。

6. お金を入れる

紙幣は、20バーツ、50バーツ、100バーツ、500バーツ、硬貨は10バーツのみが使えます。

おつりは10バーツ硬貨で出ますので、あまりおつりが多くならないように注意しましょう。

バンコクのコインロッカーサービス「LOCK BOX」

7. 荷物を預ける

指定したボックスに荷物を預けます。

忘れ物などがあって開けてしまうと、もう一度、料金が発生しますので、預ける荷物に使うものが入っていないか、確認してからボックスを閉じましょう。

荷物を取り出す場合

バンコクのコインロッカーサービス「LOCK BOX」

1. 画面をタッチ

上部の「言語を選択する」で日本の国旗をタッチして、日本語モードに切り替えます。

バンコクのコインロッカーサービス「LOCK BOX」

2. 「取り出す」を選択

「取り出す」を選択すると、確認画面が標示されますので、「取り出してロッカーをきれいにする」ボタンを押します。

バンコクのコインロッカーサービス「LOCK BOX」

3. 預けたボックスを選択

画面から預けたボックスを選択します。

バンコクのコインロッカーサービス「LOCK BOX」

4. パスワードを入力

パスワードを入力するとロッカーが開きますので、荷物を取り出します。

コインロッカーに荷物を預けて身軽に観光

いかがでしたか?

コインロッカーの「LOCK BOX」は、地下鉄の駅の出口あたりにあり、簡単に利用することが出来ます。

他にも荷物預かりサービスをしているショッピングモールもありますが、営業時間内に取りに行く必要があります。

その点、24時間出し入れ自由な駅近のコインロッカーは、時間を気にせず利用可能ですので重宝します。

買い物をして荷物が増えた時など、コインロッカーに重い荷物を預けて、身軽に観光をすることが出来ますのでおすすめです。
 
 

あわせて読みたい

  • タイBTSスカイトレイン – 渋滞知らずの便利な交通手段

  • JCBプラザラウンジ・バンコク

  • タイの象に会いに行こう!

  • BTSスラサック駅

  • タイプ別「バンコク」ガイドブックの紹介

  • アジアティーク・ザ・リバーフロント – 倉庫跡地を巨大商業施設に!