チェックしておきたい!2019年版、タイの祝日カレンダー

2019年版 タイの祝日

タイの旅行計画を立てる際に、事前に確認しておきたいのがタイで行われるイベントや祝日です。

タイではガイドブックに載っているような有名観光地でも、土・日・祝日のみ営業という場所もあります。

2019年版 タイの祝日

また、タイでは仏教の祭典に関わる祝日が多く、そうした祝日は禁酒日とされ、お酒の販売が禁止されており、スーパーやコンビニでもお酒の販売をしていません。

お店でもお酒が飲めませんので、お酒を飲みたい人は事前に購入しておき、ホテルの部屋などで楽しむことをおすすめします。

このようなこともありますので、祝日に関しては注意が必要で、旅行計画を立てる上で、特に押さえておきたいところです。

今回は、2019年度版のタイの祝日カレンダーをご紹介したいと思います。

2019年版、タイの祝日カレンダー

1月

1月1日(火)
正月(ワン・ピーマイ)
旧暦(太陰暦)を使用するタイでも、国際化の流れを受け、新暦(太陽暦)で正月を祝うようになり、新暦新年(ワン・ピーマイ)もタイの祝日となっています。

2月

2月19日(火)
マカブーチャ(万仏節)
(アルコール販売禁止)
パーリ語で「陰暦3月の満月祭」という意味で、仏陀の説教を聞くために、多くの弟子が約束もなしに集まったという、奇跡的な出来事を記念する日です。

4月

4月6日(土)
チャクリー記念日
チャクリー王朝記念日は、建国記念日とも言われています。
チャクリー王朝とは1782年にラーマ1世が興したタイの現王朝です。
チャクリー王朝のチャクリーとは、ラーマ1世が改名する前の名前から名付けられています。
4月8日(月) チャクリー記念日 振替休日
4月13日〜15日(土〜月)
ソンクラーン(タイ正月)
タイの旧歴の正月とされるのがソンクラーン(旧正月)です。
ソンクラーン期間中は、官公庁や民間企業など全てが休みとなります。
タイでは、このソンクラーンこそが正月であり、お互いに水を掛け合って新年をお祝いする「水かけ祭り」が行われます。
4月16日(火) 振替休日

ソンクラーン – 過激化する水掛け祭り

5月

5月1日(水)
レイバーデイ
レイバーデーは民間企業のみがお休みとなっています。
5月18日(土)
ウィサカブーチャー(仏誕節)
(アルコール販売禁止)
陰暦6月の満月の日(西暦では4〜5月)で、釈迦が生まれ、悟りを開き、亡くなったとされる日で、仏日の中でも最も聖なる日と言われています。
同日に起こった3つの奇跡へ想いを馳せ、釈迦の徳に対して礼拝するための儀式が行われています。
5月19日(月) 振替休日

7月

7月16日(火)
アサラハブーチャ(三宝節)
(アルコール販売禁止)
陰暦8月の満月の日。(西暦では6〜7月)悟りを開き、仏陀となった釈迦が7週間後に5人の弟子たちに初めて説教をした日と言われています。
その5人が僧侶になったことから仏、法、僧(仏陀、仏法、僧侶)の三宝が揃ったとされ、三宝節と呼ばれています。
7月17日(水)
カオパンサー(入安居)
(アルコール販売禁止)
カオ・パンサー(入安居)は、僧侶がお寺に籠もり、修行を開始する重要な仏日。
修行を開始した僧侶は、外出が許されるオーク・パンサー(出安居)の日まで3ヶ月間修行に励みます。
7月28日(日)
ワチラーロンコーン国王誕生日
ワチラロンコン国王(現国王ラーマ10世)の誕生日(1952年7月28日)を記念し、毎年7月28日はタイの祝日になっています。
7月29日(月) 振替休日

8月

8月12日(月)
母の日(シリキット王太后誕生日)
前国王ラーマ9世の王妃である、シリキット王妃の誕生日(1932年8月12日)を記念し、毎年8月12日はタイの祝日になっています。
タイでは、この日を「母の日」とも言います。

10月

10月13日(日)
ラーマ9世記念日
プミポン前国王(ラーマ9世)の命日である2016年10月13日が記念日となり、タイでの祝日になっています。
10月14日(月) 振替休日
10月23日(水)
チュラローンコーン大王記念日
タイ王国に近代化をもたらしたことで功績が讃えられている、チュラロンコーン大王(ラーマ5世)の命日。
チュラロンコーン大王は、プミポン前国王の祖父であり、ワチラロンコン現国王の曽祖父にあたります。

12月

12月5日(木)
父の日(ラーマ9世生誕日)
プミポン前国王(ラーマ9世)の誕生日1927年12月5日を記念日とし、毎年12月5日はタイの祝日になっています。
12月10日(火)
憲法記念日
タイ王国で、1932年12月10日に初めての憲法が公布され、毎年この日はタイの祝日になっています。
12月31日(火)
大晦日(ワン・シン・ピー)
旧暦(太陰暦)を使用するタイ王国でも国際化の流れを受けて、新暦(太陽暦)での祭を祝うようになり、大晦日(ワン・シン・ピー)もタイの祝日となっています。

大きなイベントがあるが祝日ではない日

2月5日(火)
春節(中国正月)
2019年の春節は、地域によってまちまちですが、2019年2月4日(月)から2月10日(日)の7日間と予想されています。
この期間は、エアーチケットの高騰、観光地の混雑が予想されます。
11月13日(水)
ロイクラトン
ロイクラトンとは、水の精霊に感謝の意を表し、無病息災を祈るタイ全土で行われるお祭りです。
ショッピングセンターなどではロイクラトンにちなんだイベントが行われます。

旅行の計画を立てる際はタイの祝日を確認!

2019年版タイの祝日

いかがでしたか?

仏教国タイでは、重要な仏教行事の日はアルコール販売禁止日に指定されています。

その日は、お店でアルコールが提供されませんので、ナイトスポットに出かける際などは注意が必要ですね。

例外的に、一部の外資系ホテルのバーなどで、提供しているところもありますので、事前に確認しておきましょう。

タイ料理と一緒に有名タイビールの「シンハー」や「チャーン」が飲みたいという人は、タイ旅行の計画を立てる際にタイの祝日を確認してみて下さい。

あわせて読みたい

  • アジアティーク・ザ・リバーフロント – 倉庫跡地を巨大商業施設に!

  • タイの象に会いに行こう!

  • タイの寺院へ行く際の注意点と参拝方法

  • 黄金の涅槃仏のお寺「ワット・ポー 」

  • ア厶パワー水上マーケット – 週末だけ開かれる水上マーケット

  • チャオプラヤー・ツーリストボートで行けるスポットは?