BTSナショナルスタジアム駅

BTSナショナル・スタジアム駅

駅の南に広がる国立競技場が駅名となっています。

この駅には、地元の人や観光客に人気の商業施設、MBK(マーブンクローン)センターがあり、ローカル度満点のアジアらしい熱気が感じられます。

タイの歴史や文化に触れたい人は、伝統家屋を改装したジム・トンプソンの家を訪れるのがおすすめです。

タイの伝統建築と美術品が間近で見られる貴重な施設となっています。

観光名所

ジム・トンプソンの家

ジム・トンプソンの家サイアムスクエアのすぐ西隣マーブンクローンの側にある、国立競技場前の道を北に入って行くと、一番奥に伝統的なタイの高床式の建物が現れます。

すぐ裏にセーンセープ運河が流れるこの場所が、タイシルク王として知られるジム・トンプソンが1959年から8年間過ごした住居です。

ジム・トンプソンは1945年アメリカ兵としてタイに赴任し、終戦後、オリエンタルホテルの経営に携わりました。

彼は建築、デザイン、染色技術の才能もあり、タイで出会った美しいシルクに魅せられ、すでに廃れかけていたシルク産業の再興に尽力しました。

研究を重ね欧米人好みのセンスを取り入れ、エキゾチックな芸術品としてタイシルクを完成させたジム・トンプソンは、1967年3月にマレーシアでの休暇中に失踪し、彼の足取りは多くの謎に包まれたままとなっています。

ジム・トンプソンはタイ、カンボジア、ラオス、ミャンマーなどのタイの周辺国の古美術品のコレクターでもあり、玄関はシャンデリアで飾られ、陶器や彫刻、仏像などの貴重なコレクションや書斎の本もほぼ当時のまま展示されています。

タイの伝統建築と美術品が間近で見られ、博物館に庭園やレストランやシルクショップもあり、見どころ満載です。

日本語が話せるガイドさんが館内を案内してくれますので、じっくり楽しめます。

ジム・トンプソンが「ジャングル」と呼んでいた庭には、ヤシやバナナなどの熱帯の木々が生い茂り、製品のモチーフとして描かれている花も植えられています。

園内ではタイ舞踊が舞われたり、民族衣装に身を包んだタイ人女性の生糸を紡ぐ実演が行われていました。

繭から糸を紡ぎ機械のハンドルを回す所作が美しく、シルク作りの繊細な作業を間近で見ることが出来ます。

タイの歴史や文化に触れられる貴重な施設ですので、素敵な時間が過ごせます。

JIM THOMPSONHOUSE & MUSEUM

  • 所在地:6/1, 6/2 Soi Kasemsan 2, Rama 1 Road Pathumwan, Bangkok 10330
  • アクセス:BTSナショナルスタジアム駅より徒歩7分
  • 営業時間:月~日 9時00分~18時00分
  • 定休日:なし
  • 料金:150B

買い物

MBK(マーブンクローン)センター

MBK(マーブンクローン)センターMBK(マーブンクローン)センターはバンコクで最も有名な約2500店舗が入居する巨大ショッピングセンターです。

小さめの店がびっしりと並び、衣料品、貴金属、民芸品、食品など、あらゆるものが売られています。

MBKセンターは普通のショッピングセンターとは違い、市場の様に値段を交渉出来る店もあり、民芸品売り場や携帯売り場などでは、店員との交渉の中で価格が決まります。

雑多な感じの店舗で価格交渉を行い、活気があり、買い物するのがとても楽しい施設です。

フロアーごとの紹介

MBK(マーブンクローン)センター
MBK(マーブンクローン)センター

1Fは民芸品、衣料品が売られ、中央の広場ではいつもファッションセールが行われており、タイ国内外のファッションブランドやスポーツウエアーが格安で販売されています。

奥にはスーパー「top’s」もあり、観光客を意識したタイ土産の定番商品を取り揃えていますので、食品系のお土産であれば、ほとんどのものをこちらで見付ける事が出来ます。

MBK(マーブンクローン)センター
MBK(マーブンクローン)センター
MBK(マーブンクローン)センター

2階はBTSの駅と直結しており、鞄、革製品、貴金属、衣料品が売られ女性に人気のフロアです。

中華系の宝石店にはゴールド製品が並び、鞄や衣料品の店では流行りのデザインの商品が手軽な値段で売られています。

MBK(マーブンクローン)センター
MBK(マーブンクローン)センター
MBK(マーブンクローン)センター

3階はアロマグッズや民芸品、観光客に人気の面白いデザインのTシャツが売られています。

特にTシャツ売り場は、先が見えない位、店が並んでおり、一列ずつ真っ直ぐに進んでいないと、似たような店がずっと並び、気になった商品もどこで見たのか分からなくなり見逃してしまいますので、横に逸れず、一列ずつ真っ直ぐに歩くことをお勧めします。

エステやタイ古式マッサージのお店もありますので、タイ古式マッサージ1時間コース(300B)を受ければ、歩き疲れた体を癒すことができます。

MBK(マーブンクローン)センター

4階は電気製品、携帯電話が売られています。地元の人が一番多く訪れるフロアーで、携帯売り場にはいつもたくさんの人が商品を見に来ています。

タイの携帯は基本的にSIMフリーです。

MBKセンターでは新品から中古も扱い、携帯の番号だけも売っています。

タイならではの事情ですが、数字の「9」はタイでは縁起の良い数字とされていますので、「9」の多い番号は高値で取引されています。

以前こちらを訪れた時は100万Bと書かれている番号もありました!

私もこちらで携帯を購入したことがありますが、値段交渉し、携帯設定を日本語に変えてもらい、購入が決まれば事務手続きは無く、すぐに持ち帰り出来ます。

SIMフリーの為、日本の携帯ショップとは全く仕組みが違いますので、短時間で携帯が買えます。

MBK(マーブンクローン)センター

5階は家具屋と多国籍料理が楽しめるフードコートがあります。

MBKカードの申込みキャンペーンが行われており、専用カウンターが設けられています。

MBK(マーブンクローン)センター
MBK(マーブンクローン)センター
MBK(マーブンクローン)センター
MBK(マーブンクローン)センター

6階は地元の人と観光客が多いフロアーで、アロマグッズやタイシルクなどの民芸品、こちらでも面白いデザインのTシャツが売られています。

また、バンコク最大規模の「MBKフードアイランド」という40店以上の店が出店するフードコートがあり、タイ料理の他に和食、洋食も食べられ話題を呼んでいます。

7階は映画館、ボウリング場があり、地元の家族連れやカップルが利用しています。

マーブンクローンは居るだけで楽しい、見ごたえのある施設ですので、じっくり店内でお土産選びをしていると、1日かかってしまうほど店舗数が多く、充実しており観光客に人気のスポットです。

店員との値段交渉も楽しめる、お土産選びにピッタリの施設です。

MBK Center (マーブンクローンセンター)

  • 住所:444 8th Fl. MBK Center Phayathai Rd., Pathumwan Bangkok 10330
  • アクセス:BTSのナショナルスタジアム駅から4番出口からすぐ
  • 営業時間:10:00~22:00
  • 定休日:なし

バンコク東急百貨店

バンコク東急百貨店
バンコク東急百貨店
バンコク東急百貨店

BTSナショナルスタジアム駅直結の日系デパートです。

4Fにスーパーマーケットがあり、ばらまき土産として使えるお菓子や、タイ料理レトルト、調味料が揃ってます。

タイ限定のプリッツやコアラのマーチもここで買え、日本のスーパーと同じ様な品揃えなので、タイの人にも人気があります。

  • 住所:444 Phaya Thai Rd., Bangkok
  • アクセス:BTSナショナルスタジアム(National Stadium)駅直結
  • 営業時間:10:00~21:00
  • 定休日:なし

あわせて読みたい

  • 病院発のスキンケアブランド「アバイブーベ」

  • チャオプラヤー・ツーリストボートで出かけよう

  • バンコクから行く、地方の有名観光地(地名の音声付き)

  • 注目のナイトマーケット「タラート・ロットファイ・ラチャダー」

  • チャオプラヤー・ツーリストボートで行けるスポットは?

  • バンコク観光のコツ