タイBTSスカイトレイン – 渋滞知らずの便利な交通手段

BTS スカイトレイン

バンコク市内の足としてすっかり定着しているBTS(スカイトレイン)は、バンコク市内の交通渋滞を避けられる便利な乗り物です。

滞在先や観光先によっては、BTSを上手に活用すれば時間とお金を節約することが出来ます。

今回は快適で便利な乗り物、BTS(スカイトレイン)についてご紹介したいと思います。

BTS(スカイトレイン)とは?

BTS スカイトレイン

1999年12月に開場した、バンコク郊外と中心部を結ぶ高架鉄道です。

渋滞知らずの便利な交通手段でBTSまたはスカイトレインと呼ばれています。

シーロム線とスクンビット線の2路線あり、BTSサイアム駅で連絡しています。

また、エアポート・レールリンク線とMRT(地下鉄)との接続もあり、
「BTSパヤータイ駅」でエアポート・レールリンク線「ARLパヤータイ駅」
「BTSアソーク駅」で「MRTスクンビット駅」
「BTSサラデーン駅」で「MRTシーロム駅」
「BTSモーチット駅」で「MRTチャトチャックパーク駅」
に接続しています。

基本情報

  • 運行時間:5時15分~翌0時51分
  • 運転間隔:2分30秒~8分 時刻表なし
  • 料金:距離により15~59B
  • 注意事項:駅構内・車内は喫煙、飲食が禁止されています。ドリアンの持ち込みも禁止です。

チケットの種類

BTSのチケットは4種類あります。 

  • 1回券(1回ごとの片道乗車券)
  • 1日乗り放題パス
  • チャージ式のラビットカード(Rabbit Card)
  • 30日有効回数券式のラビットカード(30-Day Trips)

1回券(1回ごとの片道乗車券)

BTS スカイトレイン  1回券

磁気カード式チケットで購入当日のみ有効の片道乗車券です。

自動券売機で購入し出場時に回収されます。

ワンデーパス 1日の乗り放題パス(One-Day Pass)

窓口で購入し、購入当日乗り放題の磁気カード式チケットです。(料金140B)乗車距離や回数に制限はありませんので、1日に何度も乗車する旅行者におすすめのチケットです。

ラビットカード チャージ式

BTS スカイトレイン  ラビットカード

電子マネー機能付きのプリペイドカード。購入時から5年間有効(チャージした料金は2年間有効。)

チャージ式はカード発行手数料100B+運賃100B(初回チャージ額)を含む最低料金200Bで購入出来、最高4000Bまでチャージ可能です。

1Bの運賃割引があり、1回券を都度買うより1回あたりの乗車料金が安くなります。

提携レストラン(マクドナルド、バーガーキング、スターバックス)などでも利用可能で余った金額は払い戻し出来ます。

ラビットカード 回数券式 30日間パス(30-Day Trips)

30日間パスは15回分465B(31B/1回)、25回分725B(29B/1回)、40回1,080B(27B/1回)、50回1,300B(26B/1回)など乗車可能回数ごとに料金が設定されており、滞在中BTSを頻繁に利用する場合はこちらの方がお得になることがあります。

BTSチケットの買い方

1回券(1回ごとの片道乗車券)以外は窓口で係員から購入します。

1回券は自動券売機(1、5、10B硬貨対応)で購入します。

硬貨がない場合は駅の窓口で両替してもらいましょう。

紙幣が使える新型自動券売機(20,50,100B紙幣対応)が設置された駅もありますが、台数は少ないです。

1回券の買い方

1. まずは券売機の横にある路線図で行き先までの料金を確認します。

2. はじめに該当する料金ボタンを押します。(26Bなら26の数字が書かれたボタンを押す)

3. 次に券売機にお金を入れて切符を買います。

4. 磁気カード式の切符が出てくるので切符を取ります。

BTSの乗り方

1. 改札を通る

BTS スカイトレイン
BTS スカイトレイン

改札は全て自動改札になっていて、1回券とワンデーパスは改札機の投入口に切符を差し入れ、出てきた切符を取るとゲートが開きます。

ラビットカードの場合は上部のカードの絵が書かれたセンサーにカードをタッチするとゲートが開きます。

ゲートは閉まるタイミングが早いので素早く通り抜けてください。

【TIPS】

BTS スカイトレイン

スーツケースなど大きな荷物を持っている時は、係員を呼び、自動改札横にある広いゲートを手動で開けてもらいましょう。

通り抜ける前にゲートが閉まって挟まってしまう事がありますので、無理をせず係員に頼みましょう。

妊婦や老人、小さな子供連れもこの方法を利用しています。

改札口を通ると係員による、セキュリティーチェックが行われる事がありますが、呼び止められた際は手荷物の中身を見せたり、金属探知機をかざす検査をされますので、係員の指示に従いましょう。

2. ホームに出る

BTS スカイトレイン

行き先は終着駅で表示されていますので、改札の中にある駅名が書かれた案内ボードで進行方向を確認してからホームに登りましょう。

ホームの端には黄色い線が引いてあり、この線よりも外側へ出ると警備員に警笛で注意されますので、黄色い線の外側へは出ないよう気を付けてください。

3. 乗車する

BTS スカイトレイン

ホームの乗車位置で電車の到着を待ちます。ドアは自動開閉で降者が優先です。

車内は寒いくらい冷房が効いていますので、冷房が苦手な人は羽織るものを用意した方が良いでしょう。

4. 下車する
車内のモニターやアナウンスで停車駅を確認して降ります。アナウンスはタイ語と英語が流がれます。

5 改札を出る

BTS スカイトレイン

下車したらEXITの表示に従って階段を降りて改札フロアに行き、改札前の案内図で出口番号を確認してから出口に行きましょう。

出場時、1回券の場合はカードを入れるとゲートが開きそのままカードは回収されます。

ワンデーパスは回収されず、上部からカードが出てくるのでカードを取った後、ゲートを通り抜けてください。

BTSの運転間隔

BTSは1日を通しての時刻表は無く、以下の様な運転間隔で運行しています。

平日 (月〜金)

運行時間 電車のおおよその運転間隔
スクンビット線
Sukhumvit Line
シーロム線
Silom Line
06:00-07:00 05:00 06:00
07:00-09:00 02:50 04:50
09:00-09:30 03:35 06:00
09:30-16:00 05:55 06:00
16:00-16:30 04:25 06:00
16:30-17:00 03:00 06:00
17:00-19:00 03:00 04:50
19:00-20:00 03:35 04:50
20:00-21:00 04:25 06:00
21:00-22:00 06:00 06:00
22:00-24:00 08:00 08:00

土曜日

運行時間 電車のおおよその運転間隔
スクンビット線
Sukhumvit Line
シーロム線
Silom Line
06:00-08:00 07:00 07:00
08:00-09:00 05:55 07:00
09:00-11:00 05:55 06:00
11:00-21:00 04:50 06:00
21:00-22:00 07:00 07:00
22:00-24:00 08:00 08:00

日曜日・祝日

運行時間 電車のおおよその運転間隔
スクンビット線
Sukhumvit Line
シーロム線
Silom Line
06:00-09:00 07:00 07:00
09:00-16:00 05:55 06:00
16:00-21:00 05:10 06:00
21:00-22:00 07:00 07:00
22:00-24:00 08:00 08:00

BTSの路線図

BTS路線図

快適に乗車するためのポイント

BTS スカイトレイン

バンコク市内の人口と観光客の増加により、BTSチケット売り場は大変混み合っています。

チケットを買う際も長蛇の列になり、購入するまでに5~10分程度時間がかかってしまうこともありますので、旅行中頻繁にBTSを使う予定の人はラビットカードの購入をおすすめします。

カード発行手数料100Bはかかりますが、毎回列に並ばずに済みますので、とても便利なカードだと思います。

あわせて読みたい

  • チャオプラヤー・ツーリストボートで行けるスポットは?

  • バンコクから日帰り観光出来る、世界遺産「アユタヤ」

  • タイ入出国の手順

  • BTSサラデーン駅、MRTシーロム駅、MRTルンピニー駅(シーロム地区)

  • チャオプラヤー エクスプレス ボート – 水上バスで観光名所を巡る

  • バンコクの気候 – 旅行前にチェックしよう