3倍の速さで願いを叶えてくれる「ピンクのガネーシャ」 に会いに行こう!

ワットサマン ピンクのガネーシャ

SNSの影響により、ここ数年、タイ国内外で話題になっているのが、バンコクから約90km離れた「チャチュンサオ」県にある、ピンクのガネーシャが鎮座する寺院「ワット・サマーン・ラッタナーラーム」です。

こちらの寺院に祀られている、高さ16m、幅22mのピンクのガネーシャに祈りを捧げると、「3倍の速さで願いを叶えてくれる」と言われ、評判が評判を呼び、連日、多くの参拝客が訪れるようになりました。

今回は、この寺院への行き方から、ユニークなご祈願方法などをご紹介したいと思います。

ピンクのガネーシャとは?

ワットサマン ピンクのガネーシャ
ワットサマン ピンクのガネーシャ

ピンクのガネーシャとは、願い事が3倍速で叶うと言われている有名なヒンドゥー教の神様です。

タイは仏教の国として有名ですが、古来よりインドと交易が盛んだった為、インド文化の影響を強く受け、ヒンドゥー教の神様も信仰されています。

シヴァ神の息子、ガネーシャは、現世利益をもたらす「富の神」とされ、人々から絶大な信仰を集めている神様です。

その他、障害や災いを取り去る力もあると言われ、富と繁栄、知恵と学問、芸術の神として、学生、ビジネスマン、アーティストから信仰されています。

ピンクのガネーシャの寺院「ワット・サマーン・ラッタナーラーム」への行き方は?

ピンクのガネーシャの寺院「ワット・サマーン・ラッタナーラーム」への行き方は、

1.ロットゥー(乗り合いバン)とソンテウ(乗り合いトラック)を使って行く方法(所要時間:約2時間)

と、

2.電車とソンテウ(乗り合いトラック)を使って行く方法(所要時間:約2時間半)

があります。

ロットゥーとソンテウを利用して行く方法

ワットサマン ピンクのガネーシャ方面ロットゥー

「BTSエカマイ駅」2番出口から徒歩2分の所にある、東バスターミナルから「チャチュンサオ」バスターミナル行きのロットゥーに乗ります。(所要時間:1時間半)

「チャチュンサオ」のバスターミナル行きロットゥーのチケットは、東バスターミナル内の18番窓口で買えます。

チケット売り場は、カタカナで「ピンクガネーシャ」と書かれていますので、分かりやすいです。(料金99B)

朝5:30~20:00まで30分毎に発車と言われていますが、人数が集まらないと出発しない事があります。

ワットサマン ピンクのガネーシャ

出発の目安となる時間は決まっていますが、ある程度人数が集まってから出発しますので、人数が集まらない時は1時間位待つ事もあり、タイミング次第という乗り物です。

私達は、20分程度待っただけで済みましたが、最初に来た人は、1時間近く待ったようでした。

「チャチュンサオ」バスターミナルから「ワット・サマーン・ラッタナーラーム」のソンテウに乗り換え

ワットサマン ピンクのガネーシャ
ワットサマン ピンクのガネーシャ

「チャチュンサオ」バスターミナルに到着したら、「ワット・サマーン・ラッタナーラーム」行きのソンテウ(乗り合いトラック)に乗り換えます。

ソンテウは、バスターミナルの8番窓口付近に停車しています。

ソンテウの前にピンクのガネーシャの看板がありますので、すぐに分かると思います。

もし、分からなかったら、近くの係員に「ピンクのガネーシャ」と言えば、乗り場を教えてもらえます。

ソンテウは、ある程度、乗車人数が集まり次第、発車します。

「ワット・サマーン・ラッタナーラーム」までの所要時間は20分〜30分程度です。(料金30B)

私がソンテウに乗った時は、1~2分で座席が埋まってしまいましたので、ロットゥーからソンテウまでの移動は早めにした方が良さそうです。

ワットサマン ピンクのガネーシャ

帰りの「チャチュンサオ」バスターミナル行きソンテウも同じ場所から発車し、到着した場所付近に時刻表が書かれた看板もありますので、チェックしておきましょう。

電車とソンテウを利用して行く方法

ワットサマン ピンクのガネーシャ ファランポーン駅

「国鉄チャチュンサオ駅」行きの電車は、タイ国鉄イースタンライン(東部線)になります。

地下鉄「MRTフアランポーン駅」から徒歩5分の所にある「国鉄フアランポーン駅」(英語表記ではBANGKOK駅)からの乗車がおすすめです。

「国鉄チャチュンサオ駅」行きのチケットを窓口で購入します。(料金13B)

ワットサマン ピンクのガネーシャ

その他、「MRTペッチャブリー駅」側にある「国鉄アソーク駅」からでも乗車可能ですが、駅の建物は無く、道路上に線路があるので、乗り場が分かりずらいのが難点です。

そして、もし、座れなかった場合、長時間立ちっぱなしになってしまう事を考えると、「国鉄フアランポーン駅」から乗車した方が安心ですね。

バンコク市内主要駅からチャチュンサオ駅への時刻表

275 285 283 281 367 389 279
ファランポーン
Bangkok
5:55 6:55 8:00 10:10 12:10 13:05
パヤタイ
Phayathai
6:10 7:08 8:11 10:23 12:20 13:13
マッカサン
Makkasan
6:20 7:16 8:16 10:30 12:28 13:17
アソーク
Asok
6:26 7:22 8:20 10:34 12:32 13:20
クロンタン
Klongtan
6:36 7:40 8:26 10:40 12:37 13:24
ファマーク
Huamak
6:43 7:49 8:35 10:49 12:44 13:30
チャチュンサオ
Chachangsao
7:40 8:56 9:30 11:45 13:30 14:21

「国鉄チャチュンサオ駅」から「チャチュンサオ」バスターミナルに移動

ワットサマン ピンクのガネーシャ チャチュンサオ駅
ワットサマン ピンクのガネーシャ チャチュンサオ駅

「国鉄チャチュンサオ駅」から「ワット・サマーン・ラッタナーラーム寺院」行きのソンテウが発着する「チャチュンサオ」バスターミナルまでは、徒歩15分ほどかかります。

駅前にある、歩道橋を渡った場所からバスターミナル行きのソンテウ(料金8B)が出ていますので、そちらを利用された方が良いかもしれません。

「チャチュンサオ」バスターミナルから「ワット・サマーン・ラッタナーラーム」のソンテウに乗り換え

ワットサマン ピンクのガネーシャ
ワットサマン ピンクのガネーシャ

「ワット・サマーン・ラッタナーラーム寺院」行きのソンテウは、「チャチュンサオ」バスターミナルの8番窓口付近に停車しています。

ソンテウの前にピンクのガネーシャの看板がありますので、すぐに分かると思います。

もし、分からなかったら、近くの係員に「ピンクのガネーシャ」と言えば、乗り場を教えてもらえます。

「ワット・サマーン・ラッタナーラーム」までの所要時間は20分〜30分程度です。(料金30B)

ワットサマン ピンクのガネーシャ

帰りの「チャチュンサオ」バスターミナル行きソンテウも同じ場所から発車し、到着した場所付近に時刻表が書かれた看板もありますので、チェックしておきましょう。

オプショナルツアーを利用する

ワットサマン ピンクのガネーシャ

ロットゥーとソンテウ、電車などを使ったアクセス方法をご紹介いたしましたが、安心して観光を楽しみたい人や、名所巡りのポイントを知りたい人は、オプショナルツアーを利用するという方法もあります。

ツアーであれば、バンコク市内から送迎付き、また日本語ツアーガイドもいますので、安心感があります。

ガイドに見どころの解説をしてもらい、名所のポイントが分かるのがGoodです。

また、乗り物を乗り継いだり、待ち合わせの時間が無い上、「百年市場」や「ワット・ソー・トーン」など周辺の有名スポットも一緒に巡るツアーもありますので、短期滞在者や、効率的に周りたい人にはツアーの方がおすすめです。

ピンクのガネーシャ観光オプショナルツアー

ツアーではピンクのガネーシャと、同じくチャチュンサオにある、人気観光地「ワット・ソー・トーン」、「百年市場」も巡ります。

百年市場自体は毎日営業しているのですが、市場内にある殆どの店舗は土日祝のみ(2018年のタイ祝日)の営業です。

テーマパークのような寺院に興奮!

ワットサマン ピンクのガネーシャ

ソンテウは「ワット・サマーン・ラッタナーラーム寺院」の入り口に到着します。

ソンテウから降りると、正面には、迫力満点のヒンズー教の神「ラーフ神」がいます。

「ラーフ神」とは、ヒンズー神話で、不老不死の身体を持ち、太陽と月を飲み込み、月食・日食を引き起こすとされている凶兆の神です。

タイでは、凶兆の神様に対して、「悪いことが起こりませんように」とお祈りします。

ワットサマン ピンクのガネーシャ

3面の顔を持つ象の姿をしたエラワンと、その上に乗ってるのは、「プラ・イン(インドラ神)」です。

エラワンは、天界で「プラ・イン」にお仕えし、普段は人間の男性の姿をしていますが、「プラ・イン」 が外出する時に、巨大な象の姿に変身します。

「プラ・イン」は、雨や豊穣をもたらす神ですが、ビジネス運アップや、危険、失敗、損失を回避してくれる厄除けのご利益もあります。

迫力のピンクのガネーシャ像

お寺の奥に進むと、ガイドブック等で見たままのピンクのガネーシャ像がいらっしゃいました!

ワットサマン ピンクのガネーシャ

全長は、高さ16m、幅22mのその姿は、想像以上に大きく、貫禄があり圧倒されます。

鮮やかなピンクの体は空の色に映え、眩しい位でした。はるばる来た甲斐があり、心躍ります。

横たわっているガネーシャ像は、指先にも柔らかな動きが感じられ、どこかリズムを感じさせるような美しさがありました。

タイ式参拝法とは?

ワットサマン ピンクのガネーシャ

タイの人達は、ガネーシャ像の左側にある販売所で、花、ロウソク、線香、金箔など、参拝に必要なもの一式を20Bで購入してから、ガネーシャ像の正面にある、参拝所の中に行き、お祈りしています。

タイでは、仏像の体に金箔を貼る祈願法があり、仏像の体に金粉を貼ると、貼った場所の怪我や病気が治ると信じられています。

こちらでも皆、金箔を小さめの仏像や、ガネーシャ像に貼っていました。金箔を貼った後は、外に花をお供えして、一連のご祈願が終わります。

大本命のピンクのガネーシャへのお祈りの仕方は?

ワットサマン ピンクのガネーシャ
ワットサマン ピンクのガネーシャ
ワットサマン ピンクのガネーシャ

これから、皆さんお待ちかねの、ピンクのガネーシャへの特殊なご祈願方法をお伝えいたします。

ガネーシャ像の周りには、何体ものネズミの像がありますが、こちらのネズミ達が重要な役割を担っています。

願い事は、ガネーシャに直接お願いするのではなく、ガネーシャの乗り物であり遣いでもある、ネズミに囁くのが、願いを叶えてもらえる秘密のご祈願方法です。

願い事を囁くのは両耳どちらの耳でも良いのですが、願い事を囁いている間は、もう片方の耳を手でしっかり塞ぎ、願い事が外に漏れないようにするのがポイントです。

このようなユニークな方法でご祈願をすると、ネズミが、ガネーシャに願いを伝えてくれて、3倍の速さで願いが叶うと言われています。

ガネーシャ像を囲むように、金、赤、黄、ピンク、緑、黒、オレンジ、青、紫と、様々な色のネズミがいますが、これには重要な意味があります。

実は、タイでは、自分の生まれた曜日(誕生曜日)ごとに、守護神やラッキーカラーが決まっていますので、自分の誕生曜日をもとに、ご祈願をする習わしがあります。

ワットサマン ピンクのガネーシャ

金色のネズミに願い事を囁く秘密とは!?

ワットサマン ピンクのガネーシャ

こちらのお寺では、中央の金色のネズミに願い事を囁く人が多いのですが、それには理由があります。

金色は、全ての誕生曜日のラッキーカラーで、オールマイティに守護をしてくれる上、更に、金運アップのご利益もあるのだとか。

そのような理由から、一番人気があり、皆、金色のネズミに熱心にご祈願しています。

また、自分の誕生曜日のネズミと、金色のネズミの両方にご祈願する人もいました。

誕生曜日の色

  • 日曜日:赤
  • 月曜日:黄
  • 火曜日:ピンク
  • 水曜日:緑(午前)、黒(午後)
  • 木曜日:オレンジ
  • 金曜日:青
  • 土曜日:紫

こちらで、自分の誕生曜日が分かりますので、チェックしてみて下さい。

≫ 曜日の計算はこちらのサイトでできます 曜日計算

ワット・サマーン・ラッタナーラームからバンコクへの帰り方

ワットサマン ピンクのガネーシャ

「ワット・サマーン・ラッタナーラーム」から「チャチュンサオ」行きのソンテウは、行きのソンテウ到着場所と同じ所になります。

帰りのソンテウは、11:20〜18:00の間、30分おきに来ます。(料金30B)

ただし、中には、行き先の違うソンテウも来ますので、乗車前に運転手に「チャチュンサオ」バスターミナル行きかを確認してから乗りましょう。

ロットゥーとソンテウを利用して帰る方法

ワットサマン ピンクのガネーシャ

「チャチュンサオ」バスターミナルでは、帰りのバンコク行きのロットゥーのチケットは、「チャチュンサオ」バスターミナルの1、2番窓口で買えます。

電車とソンテウを利用して帰る方法

ワットサマン ピンクのガネーシャ

「チャチュンサオ」バスターミナルから、「国鉄チャチュンサオ駅」までは、徒歩15分ほどかかります。

バスターミナルから「国鉄チャチュンサオ駅」行きのソンテウ(料金8B)が出ていますので、そちらを利用された方が良いかもしれません。

ワットサマン ピンクのガネーシャ

駅に着いたら窓口で「国鉄フアランポーン駅」や「MRTペッチャブリー駅」に近くにある「国鉄アソーク駅」行きを買いましょう。

帰りの場合、ロットゥーで帰るよりも、電車の方が渋滞の心配が無く、スムーズにバンコクに帰れるかもしれません。

チャチュンサオ駅からバンコク市内主要駅への時刻表

280 368 390 282 286 284 276
チャチュンサオ
Chachangsao
10:22 12:35 14:05 15:34 16:20 18:00
ファマーク
Huamak
11:29 13:37 14:56 16:33 17:41 19:06
クロンタン
Klongtan
11:38 13:45 15:03 16:42 17:51 19:15
アソーク
Asok
11:44 13:50 15:08 16:48 17:56 19:20
マッカサン
Makkasan
11:48 13:54 15:12 16:55 18:01 19:25
パヤタイ
Phayathai
11:53 13:59 15:18 17:00 18:05 19:30
ファランポーン
Bangkok
12:05 14:10 15:25 17:15 18:15 19:40

ピンクのガネーシャにここ一番の願いを叶えてもらおう!

いかがでしたか?話題のパワースポットとして、SNSやガイドブック等で紹介されている、こちらの寺院は、スケールが大きく圧倒されます。

ピンクのガネーシャの陽気なオーラと、優美な姿からパワーが感じられ、思わず私も、タイの人達と同じように気合を入れてご祈願してしまいました。

「ここ一番の願いを叶えてもらいたい」という人は、是非、こちらの寺院を訪れてみて下さい。

  • 名称:ワット・サマーン・ラッタナーラーム
  • 住所:Thanon O Bo To Chachoengsao 2012, Kon Kaeo, Amphoe Mueang Chachoengsao, Chang Wat Chachoengsao
  • アクセス:BTSエカマイ駅近くの東バスターミナル(通称エカマイバスターミナル)から、「チャチュンサオ」バスターミナルまで約1.5時間。ソンテウ(乗り合トラック)に乗り換え約30分。
  • 参詣時間:8時~20時
  • 休日:なし
  • 料金:無料

あわせて読みたい

  • タイの寺院へ行く際の注意点と参拝方法

  • BTSサラデーン駅、MRTシーロム駅、MRTルンピニー駅(シーロム地区)

  • LCCを使ってバンコクに行く!朝便のドンムアン空港到着からホテルチェックインをレポート

  • 「スワンナプーム国際空港」からの交通手段「エアポート・レール・リンク(ARL)」

  • インスタ映え間違いなし!SNSで話題の寺院「ワット・パクナム 」

  • バンコクツアー会社のおすすめ「クーポン」