ニューハーフショー – バンコクに来たら必ず見たい!?

ニューハーフショー

元男性とは思えない、美人でスタイル抜群のニューハーフたちが、鍛え抜かれたボディとキレのいい動きで妖艶なパフォーマンスを繰り広げます。

バンコクの夜を華やかに演出するニューハーフショーは観光客に大人気!

バンコクに来たら一度は見たいおすすめのニューハーフショー「カリプソ・キャバレー」を紹介いたします。

バンコクで老舗の「カリプソ・キャバレー」とは?

チャオプラヤー川沿いにある2012年オープンの人気ナイトスポット「アジアティーク・ザ・リバーフロント」に「カリプソキャバレー」はあります。

世界から注目され、バンコクで最も有名なニューハーフショーと言われる「カリプソ・キャバレー」には連日多くの観光客がショーを見に訪れます。

舞台の上では華やかな衣装の美しいニューハーフたちが歌や踊り、お芝居を妖艶に、時にはコミカルに演出しています。

世界中の観客が楽しめるよう、演出には海外の歌や物語、衣装などが取り入れられていました。

舞台上の誰を見ても最高のパフォーマンスを観客に披露していますので、洗練された踊りがプロ意識の高さを伺わせ、最後まで飽きることなくショーを楽しむことが出来ます。

ショー終了後は、出演者との記念撮影タイムが設けられています。

40~100B程度のチップを渡すとニューハーフたちと一緒に記念写真が撮れますので、ステージで素敵だった気になる人の前に行き、声をかけてみて下さい。

皆さん笑顔で写真を撮らせてくれますよ。

チケットは事前に予約しておくと便利です!

「カリプソ・キャバレー」の鑑賞チケットはキャバレー前のチケットブースでも購入することが出来ますが「カリプソ・キャバレー」公式HP内のオンライン予約やHIS、VELTRA(ベルトラ)などの旅行代理店でチケット予約をする方が安いので、事前予約をおすすめします。

公演時間の少し前に赤い照明の艶やかな雰囲気の座席に案内され、ボーイさんが鑑賞チケット代に含まれているワンドリンクの注文を聞きに来てくれますので、ドリンクを飲みながら期待を胸にニューハーフ達の登場を待ちます。

カリプソ(CALYPSO)オプショナルツアー

カリプソキャバレーショーチケット

古典舞踊付きディナーとニューハーフショー (カリプソ)

リバーサイドエリアに移転後、さらに人気に

「カリプソ・キャバレー」は以前、BTSラチャテウィー駅直結の「アジアホテル」の地下にありましたが、現在はチャオプラヤー川沿いの人気ナイトスポット「アジアティーク・ザ・リバーフロント」に移転し、ますます人気となりました。

私はアジアホテルにあった頃から「カリプソ・キャバレー」のショーを6回程鑑賞していますが、今の場所の方がショー鑑賞前後の時間も有効に使え、より魅力がアップしたと思います。

「アジアティーク・ザ・リバーフロント」は2012年4月にオープンのアーチ型レンガ倉庫を改装した1500店舗以上が並ぶナイトスポットです。

良いお土産物が見つかるナイトマーケットや人気レストランがあり、地元の人にも大人気のスポットですので、ショー鑑賞前後も楽しく過ごせます。

「アジアティーク・ザ・リバーフロント」は広いので注意が必要です。

「アジアティーク・ザ・リバーフロント」はとても素敵な施設ですが、テーマパークのように広大な場所ですので、時間に余裕を持った行動を心掛けて下さい。

位置を把握するには各建物につけられた倉庫番号を確認します。

看板にはタイ語で倉庫を表すコーダン(英語でウェアハウスと表記されている)倉庫内の通路はトローク(通路)と呼ばれ、それぞれ番号が付けられています。

「カリプソ・キャバレー」は施設内の雑貨などが多く売られているエリア「チャルーンクルン地区」のコーダン3(英語でウェアハウス3)にありますので確認しておきましょう。

慣れてしまえば簡単に行ける場所ですが、初めての人には似たようなお店が密集していますので見分けが付きにくいと思います。

少し離れた場所に行っただけで戻るのが大変になりますので注意が必要です。

ニューハーフショーはバンコクに来たら必見!

いかがでしたか?名物のニューハーフショーはバンコクに来たら必見です。

タイではニューハーフという第三の性に対して寛容ですので、ニューハーフの人たちは公務員、美容師、販売員、ツアーガイド、ホテルやレストランなど様々な職業分野で幅広く活躍しています。

物腰柔らかで、気配り出来る人たちが多く、サービス業に従事しているのが目立ちます。

  • 住所:Asiatique The Riverfront (Warehouse no.3); 2194 Charoenkrung 72-76 Rd.,Prayakrai, Bangor Laem, Bangkok 10120 Thailand
  • アクセス
    • 無料シャトルボートでアクセス
      乗り場は BTSサパーンタクシン駅を出てサトーン船着場へ向かうと、一番左側にある船着き場から無料シャトルボートが出ています。シャトルボートに乗り、約10分でアジアティークに着きます。
      運行時間16時から23時半の間に約15分間隔で運行。
    • タクシーでアクセス
      BTSサパーンタクシン駅からタクシーで約10分。アジアンティークがオープンする夕方は渋滞する時間帯ですので、渋滞にはまるとかなりの時間がかかってしまいます。車移動には注意が必要です。
  • 営業時間:1回目19:30~ 2回目21:00~(公演時間70分)
  • 料金:1200B ※「カリプソ・キャバレー」公式HP内のオンライン予約、旅行代理店から予約だと900Bディナー付きショー鑑賞プランなどもあります。
  • 公式HPhttp://www.calypsocabaret.com/home

あわせて読みたい

  • 黄金の涅槃仏のお寺「ワット・ポー 」

  • BTSスラサック駅

  • ジム・トンプソン – 極上のタイシルクトップブランド

  • BTSナショナルスタジアム駅

  • タイのマナー – 独特のしきたりや習わし

  • タイMRT (地下鉄) ブルーライン – 安くて便利な交通手段 MRT(地下鉄)ブルーライン