インスタントラーメン「ママー」を使った料理

ヤム ママー

フードコートや注文食堂などで、ガラスケースに入った、タイで人気のインスタントラーメン「ママー」を見かけたことはありませんか?

その店は、ただママーを茹でてインスタントラーメンを作るだけではなく、肉や野菜、シーフード、卵など好みの具を入れて、具だくさんのママーが食べられるお店です。

ママーについて

インスタントラーメン「ママー」を使った料理

ママーはスーパーやコンビニなどでよく見かける、タイのインスタントラーメンです。

鍋で茹でて作る即席麺とお湯を注ぐだけカップ麺があります。

味の種類が豊富で、代表的なトムヤム味だけでも数種類あり、その他、ムーサップ(豚挽肉)味やパッキーマオ味、イェンタフォー味など、とにかくたくさんあります。

インスタントラーメンだからと侮る事はできません。

付属のペーストを入れると、スープの味はかなり本格的になります。

具材を足せば、どこぞのタイ料理!といった仕上がりになります。(麺はインスタントですが・・・)

どんな種類があるの?

インスタントラーメン「ママー」を使った料理

ママーだけでも十分美味しく食べられるのですが、ママーを活用し、好みの具を加えた、ラーメン、焼きそば、サラダなど、様々な料理があります。

ママー・トムヤム

ママーで作ったトムヤムラーメンに、肉やシーフードなどの好みのトッピングを加え、具だくさんなインスタントラーメンになります。

エビやイカ、つみれなどを入れるのが一般的で、見栄えも良く、デラックスなラーメンになっています。

ママー・パット

ママーを野菜と一緒に炒めた、焼きそば風料理。

野菜やホーリーバジルと一緒に炒め、ママーに備え付けられている粉と調味料(チリインオイル)、唐辛子を入れ味付けされていますので、好みの辛さを伝えると、入れる量を調整してくれます。

ママー・パット・キーマオ

ママーの激辛バジル炒めです。

「キーマオ」とは、タイ語で「酔っ払い」の意味。

辛すぎて酔っ払いが目を覚ますのか、面白いネーミングです。

ホーリーバジルと一緒に炒められた麺の上に、生胡椒と唐辛子、シーフードが乗っていて、ライムをぎゅっと絞って頂きます。

ビリビリと辛いのですが、ただ辛いだけではなく、ライムの酸味が上品で、調和のとれた味になっています。

ヤム・ママー

茹でたママーに野菜や肉シーフードを和えて、サラダ風にした料理。

春雨サラダで有名な「ヤムウンセン」の春雨をママーにしたようなイメージです。

イカや挽肉、キクラゲ、空芯菜、トマト、ライムなどが入った贅沢なサラダで、酸っぱ辛く、タイ料理好きにはたまらない美味しさです。

ママー・ラートナー

袋から出したママーのカリカリ麺に、中華の餡をかけた、長崎ちゃんぽん風ママー。

中華麺で作るものを、ママーの麺に変えた、こってりとした味が楽しめるメニューです。

最後に

いかがでしたか?

スーパーなどでは、何種類ものママーが売られていますが、ママー料理に使われているのは「トムヤム味」です。

一度お店で食べてみると、その美味しさにハマり、自分でもママーを買って、料理を作ってみたくなるかも知れません。

お店で見かけた際は、トライしてみて下さい。

あわせて読みたい

  • カオカームー

  • 「BTSチットロム駅」

  • タイの「屋台」料理を楽しもう!

  • 知っていると安心!タイのレストランでの作法

  • タイの調味料

  • ガイヤーン