メーワーリー – バンコクで美味しいマンゴーが食べられる、おすすめのお店

メーワーリー

「Mae Varee(メーワーリー)」は、バンコク市内で有数の極上のマンゴーを取り揃えた高級マンゴー専門店です。

「BTSトンロー駅」から徒歩2分の場所にあり、店頭には大きなマンゴーのオブジェが飾られ、食べ頃の美味しいマンゴーが並んでいます。

今回は、1年を通じて極上のマンゴーが食べられるお店「Mae Varee(メーワーリー)」をご紹介したいと思います。

「Mae Varee(メーワーリー)」とは?

メーワーリー

バンコクで美味しいマンゴーが食べられる時期は、4〜5月ですが、「メーワーリー」では1年を通じて美味しいマンゴーを販売しています。

なぜそのような事が出来るかというと、タイ北部や東北部など収穫時期が異なる旬のマンゴーを各地から仕入れ、それによりいつでも食べ頃のマンゴーが揃えられるからです。

メーワーリー
メーワーリー

値段は変動制になっており、マンゴーの旬の時期である4〜5月には1kg 100B程度。

流通量が少ない時期は値段が高くなり1kg 150〜200Bになります。

購入したマンゴーは、お店でカットしてもらえますが、残念ながら店内には食べられるスペースがありませんので、ホテルに持ち帰っていただきましょう。

店内には、マンゴー以外のフルーツも少し置かれ、ドライマンゴーなども販売しています。

メーワーリー名物「カオニャオマムアン」

メーワーリー

「カオニャオマムアン」とは、ココナッツミルクで炊いたもち米を、マンゴーと一緒に食べるスイーツのこと。

タイでは一般的に食べられている食後のデザートです。

メーワーリーの「カオニャオマムアン」は、ほどよい酸味と濃厚な甘みがあり、とろけるような味わいでした。

弾力のあるもち米と一緒に、ココナッツミルクをかけたマンゴーをほおばると、それぞれが味、食感を引き立て合い、極上のスイーツになります。

こんなに美味しいマンゴーは他ではなかなか食べられません。

こちらの「カオニャオマムアン」は1年を通じて同じ値段で1パック150Bで販売されています。

相場の1.5〜2倍の値段ですが、さすが高級マンゴーの実力を感じさせられました。

完熟マンゴーを食べよう!

いかがでしたか?

「マンゴーってこんなに美味しいものなんだ!」と驚きと感動がある「メーワーリー」のマンゴーは、一度食べていただきたい味です。

「BTSトンロー駅」から近い場所にありますので、是非、こちらの完熟マンゴーを味わってみて下さい。

その美味しさに夢中になってしまいますよ!

  • 住所:soi 1,Sukhumvit soi 55(Thonglor) ,Khwaeng Khlong Tan Nuea, Khet Watthana, Bangkok 10110
  • アクセス:「BTSトンロー駅」より徒歩2分
  • 営業時間:6:00~24:00
  • 定休日:なし

あわせて読みたい

  • 便利で美味しい「タイの食堂」

  • バンコクでも人気!タイの国民的スイーツ

  • BTSプロンポン駅

  • グリーンカレー

  • タイで一番有名なお茶「Cha Tra Mue( チャトラムー)」の「タイティー」

  • パッブンファイデーン