カオモックガイ

カオモックガイ

「カオモックガイ」は、ドライカレーに柔らかチキンが添えられた、イスラム系タイ料理です。

元々、タイ南部に住むマレー系タイ人の人達が食べていた料理ですが、今はタイ全土に広まり、人々に親しまれています。

日本ではあまり紹介されていませんので、馴染みが無いかもしれませんが、タイのフードコートやスーパーのお惣菜コーナーなどでも売られているほど、よく食べてられている人気メニューです。

「カオモックガイ」とは?

サフランライスに柔らかチキンが添えられた「カオモックガイ」。ターメリック、シナモン、クミン、カルダモン、クローブなど、インド系のスパイスで味付けされています。

チキンはスプーンで触れただけで、ほろっと崩れるくらいの柔らかさ。味付けはあまり辛くありませんので、「辛いものが苦手」という方でも安心して食べることが出来ます。

そのまま食べると少し薄味な「カオモックガイ」ですが、添えられている専用のタレをかけると味が引き締まり、とても美味しく頂けます。店によって様々なタレがあり、ナンプラーに酢、にんにく、唐辛子、ライム汁を混ぜて作られたものや、スイートチリソースなどが一般的です。

その他、フライドチキンが添えられている、「カオモックガイトート」というメニューもあり、「カオモックガイ」とベースの味付けは同じですが、こちらはカリカリチキンが芳ばしく、また違った味わいが楽しめます。

濃厚なスパイスの風味が食欲をそそる!

柔らかチキンとターメリックライスが食欲をそそる「カオモックガイ」。

フードコートの定番メニューですので、是非、こちらを試してみてください。

濃厚で独特なスパイスの風味が効いていますので、記憶に残る味になると思います。

お肉もボリュームのあるものが乗っている事が多いので、一皿で満足感がありますよ!

あわせて読みたい

  • インスタントラーメン「ママー」を使った料理

  • 辛いタイ料理はどれ?

  • イサーン(タイ東北地方)料理

  • カオパッド

  • 便利で美味しい「タイの食堂」

  • 美味しい焼き鳥と、焼きナマズが食べられる店「ガイヤーン・ラチャダー」