パッタイ

パッタイ

日本でもお馴染み、タイ風焼きそばパッタイは、お米の麺「クイッティアオ」をにんにく、野菜、卵などで炒めたものです。

もちもちした麺に砕いたピーナツが絡まり、味もほんのり甘酸っぱいので、ファンになる人も多いのではないでしょうか。

色々な種類のパッタイを楽しめる

パッタイはモヤシ、ニラ、エシャロット、エビなどの具に、タマリンドという梅と干し柿を合わせたような甘酸っぱいペーストを入れて作られます。

パッタイ・クンソット = エビ入りパッタイ

は一番メジャーなパッタイだと思いますが、

パッタイ・ウンセン = 春雨パッタイ
パッタイ・マカロニ = マカロニパッタイ

のように麺の種類を変え、違った食感を楽しんだり、

パッタイ・ホーカイ = パッタイのオムレツ

という、パッタイをオムレツで包んでしまう、すごい発想のオーダー受けてくれる店もあります。

美味しいですが、食べにくい・・・。

自分好みの味にアレンジ

お店では十分に味付けされた状態で出て来ますが、タイの人は、そのままで良しとしません。

更にお酢、唐辛子、ナンプラー、砂糖などで自分好みの味にアレンジします。

私も真似をして、色々な調味料をかけてみましたが、味が濃くなってしまい、バランスを取るのが難しくなってしまいました。

生のモヤシも付け合わせとしてお皿に乗っていますが、更に追加でもらう人もいます。

パッタイのお店では他にホイ・トートという、ムール貝、モヤシ、ネギの卵炒めも売られています。

パッタイだけだとすぐにお腹が空いてしまうので、ホイ・トートも一緒に頼むと良いかもしれません。

あわせて読みたい

  • クイーン・オブ・カリー – カレーコンテスト優勝の実力派の店

  • 「BTSアソーク駅」「MRTスクンビット駅」

  • タイのインスタントラーメンをコンビニで買ってみた!

  • カオパッド

  • タイ料理の紹介(タイ語の音声付き)

  • タイの調味料