ルンピニー公園 – 散歩に運動、食事もできるタイ中心地のオアシス

ルンピニー公園

ルンピニー公園は、BTSサラデーン駅、MRTシーロム駅、MRTルンピニー駅近くにあり、散歩に運動、食事もできるタイ中心地のオアシスです。

周辺の喧騒から逃れる憩いの場として、多くの方が利用しています。

ルンピニー公園とは?

ルンピニー公園
ルンピニー公園
ルンピニー公園

仏陀の生誕地であるネパールのルンピニーにちなんでラマ6世が造成した公園です。

バンコクで最初に王室の所有地をルンピニー公園と名付けて、市民に提供した名君、ラマ6世の像が公園の前に祀られています。

総面積57万平米の広大な敷地に人工池があり、ボートにも乗ることが出来ます。

公園には朝限定で屋台が多数並び、早朝はジョギングや太極拳をする健康志向の強い人達で賑わいます。

日中は木陰で休む人たちが目立ち、夕方からは再びジョギングやエアロビクスに参加する人達の姿が見られます。

時間別ルンピニー公園の楽しみ方

早朝

人工池の周りにランニングコースがありますので、緑を感じながらゆったり過ごしたりジョギングをしたりするのに良い場所です。

猫がいたるところにいて甘えてきますので、ネコ好きにはたまらないスポットです。

ルンピニー公園の猫

散歩やジョギングなどをした後は、朝限定の屋台が開かれていますので、現地の人に混ざって屋台で朝食を食べるのも楽しいと思います。

タイ風ラーメン、カオマンガイ、お粥、タイ風クレープのお店が並んでいました。

9時半には屋台エリアのほとんどの店が片付けをし始め、閉店してしまう店もありますので早めに行きましょう。

昼間

昼間はとても暑いので木陰で休んでいる人が多いですが、緑が多いのでくつろぎの場としてオフィスワークの人達に人気があります。

夕方

18時からエアロビクス教室が開催され、誰でも無料でエアロビクスに参加が出来ますので毎日大盛況です。

私が見た時は100名近く参加者がおり、大音量のダンスミュージックが流れ、暑い中でもペースを乱さず踊る人達の姿がありました。

夜も太極拳や中国の剣術を習う教室が開かれ、それぞれ20名位参加者がいました。

また、池の近くには以前、増えすぎて話題になった、「ミズオオトカゲ」が悠々自適に暮らしています。

人間に危害を加えることは無いとの事なのですが、増えすぎたオオトカゲが道路に出てしまい、事故にあう事がある様で、多すぎる分は保護して他に移すプロジェクトが実施されました。

ルンピニー公園のオオトカゲ

私が行った時は1~1.5mのオオトカゲ7、8頭を見かけましたが、池で泳いだり、木の上で休んだり、臆病な性質なのか人を見て逃げたりしていました。

この公園はかわいい猫だけでなく、噂のオオトカゲにも出会える、驚きの公園です。

オオトカゲの木登り動画

ちょうど、水から上がったオオトカゲが木に登ろうとしていたので、動画を撮影しました。

ルンピニー公園は自然豊かな憩いのスポット

いかがでしたか?

シーロム、ルンピニーはたくさんの高層ビル、高層ホテルが建ち並ぶ大都会のエリアですが、ルンピニー公園は自然豊かで、タイの日常風景を眺めることが出来る憩いのスポットです。

年齢を問わずあらゆる人達が散歩や運動、食事を楽しむレクリエーション施設となっています。

  • 住所: Rama IV Rd., Wangmai Patumwan ,Bangkok
  • アクセス:MRTシーロム駅徒歩30秒、MRTルンピニー駅徒歩5分
  • 営業時間:4:30~21:00 (園内一部18:00まで)

あわせて読みたい

  • BTSビクトリーモニュメント駅(アヌサワリー駅)周辺の紹介

  • 「センセープ・エクスプレスボート」で観光出来る場所

  • BTSトンロー駅

  • ディープすぎる!食材の宝庫「クロントゥーイ市場」

  • タラート・ネオン(ネオン・ナイトマーケット) – プラトゥーナム・エリアのおしゃれなナイトマーケット

  • 注目のナイトマーケット「タラート・ロットファイ・ラチャダー」