ピンクガネーシャと一緒に行っておきたい百年市場「タラート・バーンマイ・ロイピー」

百年市場「タラート・バーンマイ・ロイピー」

先日、ピンクのガネーシャで有名な寺院「ワット・サマーン・ラッタナーラーム」へ行ってた際に、同じチュンサオ県にある、百年市場「タラート・バーンマイ・ロイピー」も訪れました。

百年市場は、風情があり、映画やドラマのロケ地に使われるなど注目を集めている、フォトジェニックな場所です。

百年市場「タラート・バーンマイ・ロイピー」

市場は土日のみ開かれているのですが、ピンクのガネーシャの寺院から、ソンテウ(乗り合いトラック)で15分ほどの距離にあり、アクセスも良く、週末のレジャースポットとしてバンコクの人達に人気があります。

今回は、レトロな魅力がある、こちらの市場をご紹介していきたいと思います。

百年市場「タラート・バーンマイ・ロイピー」とは?

百年市場「タラート・バーンマイ・ロイピー」

百年市場は「タラート・バーンマイ・ロイピー」と呼ばれ、バンコクの隣県であるチャチュンサオ県にある市場です。

タイ語で「タラート」は市場、「バーンマイ」は新しい家、「ロイピー」は百年という意味。

「百年市場」という名の通り、100年以上の歴史がありますが、約100年前のラーマ5世王朝時代に市場が家事で焼失した後、新たに建て直されたという経緯があることから、「バーンマイ(新しい)」という呼称が付けられています。

百年市場「タラート・バーンマイ・ロイピー」

周辺に次々と新しい市場も出来た為、百年市場は一旦廃れましたが、国が観光を強化して、古い木造家屋を残しつつ、部分的に手を加え、2004年にリニューアルオープンさせました。

そして、かつての活気を取り戻し、現在では、バンコクっ子のレジャースポットとして注目を集めています。

アクセス方法は?

百年市場「タラート・バーンマイ・ロイピー」

「BTSエカマイ駅」近くの東バスターミナル(通称エカマイバスターミナル)から、「チャチュンサオ」行きロットゥー(乗り合いバン)に乗り、「チャチュンサオバスターミナル」まで約1.5時間。

バスターミナル発の白い車体に黄色の線が引かれている8番のソンテウ(乗り合トラック)に乗り換え、約15分でアクセス出来ます。

バスターミナルには多くのソンテウが停車しますので、乗車時は行き先を必ず確認しましょう。

ピンクのガネーシャと一緒に回る場合

百年市場「タラート・バーンマイ・ロイピー」

ピンクガネーシャのお寺「ワット・サマーン・ラッタナーラーム」前からソンテウに乗り15分ほどで到着します。

一緒に回れるオプショナルツアーもありますので、予め手配しておくと移動の心配がありません!

ピンクのガネーシャも見れる レトロな100年市場を満喫 チャチュンサオ半日観光

タイ国鉄で行く パワースポット ピンクガネーシャとワット・ソトンと百年市場 (バンコク発)

百年市場の様子は?

百年市場「タラート・バーンマイ・ロイピー」
百年市場「タラート・バーンマイ・ロイピー」
百年市場「タラート・バーンマイ・ロイピー」

百年市場は年季の入った木造家屋の店が並び、レトロ感にあふれています。中華系の移民が開いた市場の為、中華テイストが色濃く残り、赤提灯や、漢字で書かれた看板などが見られます。

映画やドラマのロケ地にも選ばれているだけのことはあり、絵になる景観が広がります。

百年市場「タラート・バーンマイ・ロイピー」
百年市場「タラート・バーンマイ・ロイピー」
百年市場「タラート・バーンマイ・ロイピー」

木造家屋の商店が連なり、店先に商品が並べられています。

惣菜、お菓子、日用品、おもちゃ、雑貨、お茶など生活に必要な物が何でもありました。

それだけでなく床屋やクリニック、レストラン、カフェなどもあって、商店街になっています。

市場の規模はそれほど大きくなく、1〜1.5時間位で回れてしまいますが、どこか懐かしく、優しい雰囲気に包まれる、居心地のいい場所です。

百年市場で売られているものは?

百年市場「タラート・バーンマイ・ロイピー」

百年市場の「タラート・バーンマイ・ロイピー」とタイ文字が書かれたTシャツが売られています。派手なデザインのトゥクトゥクのTシャツを旅の記念に購入しました。

百年市場「タラート・バーンマイ・ロイピー」

365の日付がプリントされた誕生日ごとのバースデーマグカップが並んでいます。

カラフルな色使いが目を引きますね。

百年市場「タラート・バーンマイ・ロイピー」

ソフトシェルクラブを揚げたものがありました。

スイートチリソースをつけて食べると香ばしくてとても美味しいです。

百年市場「タラート・バーンマイ・ロイピー」

伝統的な製法で作られたココナッツのお菓子がきれいに並んでいます。

百年市場「タラート・バーンマイ・ロイピー」
百年市場「タラート・バーンマイ・ロイピー」

素焼きされた入れ物にアヒルの卵黄スイーツや、カボチャやココナッツミルクのケーキなどが入っていました。

入れ物が可愛くて欲しくなってしまいます。

百年市場「タラート・バーンマイ・ロイピー」

うずらの卵で作った目玉焼きも売っていました。ミニサイズですが、たくさん入っています。

百年市場「タラート・バーンマイ・ロイピー」

アントシアニンが多く含まれ、老化防止作用がある青いハーブティー「バタフライピー」。

1袋20B、6袋で100Bとバンコクの半額以下の激安価格で売られていましたので購入しました。

とてもお得です。

百年市場「タラート・バーンマイ・ロイピー」

「RED CAT」という猫のキャラクターがモチーフのカフェがありました。

バンコクの街中にあるような新しい感じのカフェです。

タイを感じるこの市場ならではの魅力とは?

百年市場「タラート・バーンマイ・ロイピー」
百年市場「タラート・バーンマイ・ロイピー」

この市場は、タイムスリップをしたようなレトロな景観と、市場全体に流れる、ゆったりとした優しい雰囲気が魅力です。

百年市場「タラート・バーンマイ・ロイピー」

川に架かる橋のところでは、タイ舞踊の稽古の見学が出来、観光客達を楽しませてくれました。

指先まで意識を行き渡らせ、柔らかくしなやかな踊りが素敵です。

百年市場「タラート・バーンマイ・ロイピー」
百年市場「タラート・バーンマイ・ロイピー」

また、タンブン(タイで徳を積む行為の事)の放生会を行う、亀や魚などが売られていました。

亀や魚を買い、その場で川に逃がしてあげることで徳が積めると信じられています。

眺めていたら、丁度、タイの男性がドジョウを買い、川にドジョウを逃がしてあげていました。

これはタイならではの光景ですね。

百年市場「タラート・バーンマイ・ロイピー」

そして、こちらで話題になっている、アユタヤ兵士のコスプレをしたおじさんも橋に立っていました。

市場内にあるお店のご主人で、市場を盛り上げる為、衣装に身を包み役になり切っています。

立派な髭をたくわえ、精悍な姿が観光客に人気で、私もチップを渡し、写真を撮らせてもらいました!

百年市場「タラート・バーンマイ・ロイピー」

百年市場「タラート・バーンマイ・ロイピー」

市場のすぐ横にはバーンパコン川が流れており、川沿いには食堂やカフェが並び、テラス席で川を眺めながら食事やお茶を楽しむことができます。

雰囲気抜群!ノスタルジックな趣の百年市場

百年市場「タラート・バーンマイ・ロイピー」

いかがでしたか?

雰囲気抜群の百年市場は、あまりガイドブック等で紹介されていませんが、安い、楽しい、感じ良いと3拍子揃い、ゆったりとした時間が過ごせる場所でした。

お店の人達の笑顔に癒され、ノスタルジックな趣を感じさせるこちらの市場は、ピンクのガネーシャの寺院に参拝された際に、是非、お立ち寄りいただきたい、おすすめのスポットです。

  • 住所:Ban Mai,Chachoengsao,Chachoengsao
  • アクセス:「BTSエカマイ駅」近くの「東バスターミナル」から、「チャチュンサオバスターミナル」行きロットゥーに乗り約1.5時間。バスターミナル発の8番のソンテウ(乗り合トラック)に乗り換え約15分。
  • 営業時間:9:00~18:00(16:00くらいから一部店舗は店じまいを始めます)
  • 定休日:月~金

あわせて読みたい

  • JCBプラザラウンジ・バンコク

  • チャオプラヤー エクスプレス ボート – 水上バスで観光名所を巡る

  • 「スワンナプーム国際空港」からの交通手段「エアポート・レール・リンク(ARL)」

  • AIRPORTELs – とても便利!バンコク市内の荷物預り&デリバリーサービス

  • チェックしておきたい!2019年版、タイの祝日カレンダー

  • 3倍の速さで願いを叶えてくれる「ピンクのガネーシャ」 に会いに行こう!