ラーン・ピーオー – バンコクで一番美味しいトムヤムラーメンが食べられる店

ラーン・ピーオー

タイを代表するスープ「トムヤムクン」の中に麺を入れた「トムヤムラーメン」は、タイ料理を語る上で外せないメニューです。

爽やかな酸味と辛味、エビ入りのスープで食べるラーメンは絶品で感動します。

バンコク旅行の際は、是非、本場の味を味わってみたいですよね?

今回は、バンコクで一番美味しい「トムヤムラーメン」が食べられると評判のお店、「ラーン・ピーオー」をご紹介したいと思います。

「ラーン・ピーオー」とは?

ラーン・ピーオー

「BTSラチャテウィー駅」から徒歩8分の場所にある「ラーン・ピーオー」は、美味しいトムヤムラーメンが食べられると地元で評判のお店です。

店名の「ラーン・ピーオー」とは、「オーお姉さんの店」という意味で、味に定評があり、世界各国のテレビ番組でも紹介された事があります。

有名店なだけあって訪れた際、店舗前にはすでに行列が出来ていました!

外観は普通の食堂といった雰囲気ですが、外国人観光客の姿もあり、30人ほど座れそうな店内も満席状態に。

トムヤムクンラーメンがメインのお店ですが、それ以外に、炒飯などのご飯物や揚げ春巻き、青パパイヤサラダなどのサイドメニューも充実しています。

実際注文した料理

ラーン・ピーオー

トムヤムクンのスープは、ココナッツミルク入りで甘味のある「ナムコン」と、ココナッツミルクを入れない酸味と辛味が強い「ナムサイ」の2種類があります。

今回は、甘くてまろやかな味の「ナムコン」ベースの「トムヤムクンヌードル」60Bをオーダーしました。

麺は、米麺(太麺、細麺、極細麺)と中華麺、インスタント麺の中から細麺をチョイス。

注文してから5分位で「トムヤムラーメン」が運ばれて来ました。

真っ赤なスープの色が辛そうに見えますが、ひとくち口に含んでみると、とてもまろやかな味付けで、夢中になる美味しさ!

新鮮な川エビでダシを取り、ココナッツミルクとハーブで味付けされたスープは濃厚な味わいが楽しめます。

そして、モチモチとした食感の米麺は、スープにとてもマッチしていました。さすが行列のできるお店の味は違います。

甘味、辛味、酸味も丁度良く、エビのダシとのバランスが最高でした。

ラーン・ピーオー

その他、エビ入り揚げ春巻き(ポーピアクントート)50Bも注文し、スイートチリソースを付けていただきました。

パリパリした皮が芳ばしく、プリっとしたエビが入っています。

ビールにも良く合い、何か一品追加したいという時におすすめのメニューです。

トムヤムラーメンは、エビ以外に魚、イカ、ムール貝、ポークミンチ、ゆで卵などの具材が入ったものもあり、お値段は50〜100Bくらいです。

全体的にリーズナブルな価格設定ですが、中には「Lobster and the gang」999〜1200Bというロブスターが丸ごと一匹入ったゴージャスなトムヤムラーメンもありました。

ロブスター、ムール貝、カニ、イカ、サーモンなどの海鮮がたっぷり入った豪華なラーメンは、1人では食べきれない量です。

数名で訪れた際にオーダーすると良いかもしれません。この特別なラーメンはロブスターの大きさによって価格が変動します。

絶品ラーメンに感動!

ラーン・ピーオー

いかがでしたか?

「ラーン・ピーオー」のトムヤムラーメンは、夢中で麺、具材、スープ全てを完食してしまう美味しさでした。

昼時や夕方は込み合うこと必至ですが、並んででも食べたい絶品ラーメンです。

ここでしか食べられない感動の味ですので、お時間のある方は是非、訪れてみて下さい!

私は次回、こちらのお店のロブスター入りトムヤムラーメンに挑戦してみたいと思います。

  • 住所:68/51 Petchburi Soi 5 Petchburi Road, Bangkok, Bangkok 10400.
  • アクセス:「BTSラチャテウィー駅」から徒歩8分
  • 営業時間:10:00〜21:00
  • 定休日:月曜日

あわせて読みたい

  • 「BTSチットロム駅」

  • フォトジェニックなタイの花「バタフライピー」

  • カオマンガイ – シンプルながらも奥が深いタイの定番料理

  • タイ料理の酸っぱい味付けの秘密

  • プー・パッポンカリー

  • パッタイ