クィッティアオ ・バミー(タイラーメン)

クィッティアオ バミー(タイラーメン)

タイラーメンのスープは大きく分けて5種類ありますので、食べたいスープのある店を選び、麺の種類を決め、具材を選びます。

様々なバリエーションがあり、注文が少し難しいかもしれません。全く分からなければ、メニューの写真を指差し注文してもいいと思います。

食べたいスープのある店を選ぶ ⇒ 麺の種類を選ぶ ⇒ 具材を選ぶ ⇒ 汁の有無を選ぶ

の順に説明します。

食べたいスープのある店を選ぶ

スープはナムサイ(น้ำใส่ トムヤム(ต้มยำ イエンタフォー(เย็นตาโฟ ナムトック(น้ำตก トゥン(ตุ๋น の5種類があります。

食べたいラーメンが決まったら目的の店に行きます。

ナムサイ

クィッティアオ ・バミー(タイラーメン) ナムサイ

ナムサイ(น้ำใส่ は、塩ベースのあっさりとした味で、豚や鶏などでダシを取った、すましスープです。

このスープをベースにトムヤムスープやイエンタフォースープが作られます。

ナムサイだけだと、薄く物足りない味ですので、唐辛子、お酢、ナンプラーなどの調味料を入れて好みの味に仕上げると良いでしょう。

お勧めの麺の太さ:細麺
注文例クィッティアオ・センミー・ガイ・ナムサイ(ก๋วยเตี๋ยวเส้นหมี่ไก่น้ำใส่ =(極細麺)鶏入り塩ラーメン

トムヤム

ビクトリーモニュメント駅 クイッティアオ・ルア・プラナコーン トムヤムトムヤム(ต้มยำ はナムサイ(すましスープ)にトムヤムペーストを入れて作られるスープ。トムヤムスープを少し薄めにした味で、辛味と酸味のあるスープです。

辛さを抑えたい場合は、砂糖を少し加えるとマイルドになり、食べやすくなります。

お勧めの麺の太さ:細麺
注文例クィッティアオ・センレック・プラー・トムヤム (ก๋วยเตี๋ยวเส้นเล็กปลาต้มยำ =(細麺)魚入りトムヤムラーメン

イエンタフォー

クィッティアオ ・バミー(タイラーメン) イエンタフォー

イエンタフォー(เย็นตาโฟ はナムサイ(すましスープ)に紅腐乳(豆腐と紅麹を一緒にして塩水で発酵させたもの)を入れて作られるスープです。

鮮やかなピンク色をしていて、その外見からは想像出来ない、優しい酸味と甘味があります。

勇気を出さないと、なかなかチャレンジしにくい色をしていますが、食べないなんて勿体ないと思える美味しさです。

お勧めの麺の太さ:太麺
注文例クィッティアオ・センヤイ・イエンタフォー(ก๋วยเตี๋ยวเส้นใหญ่ เย็นตาโฟ =(太麺)紅腐乳入りラーメン

ナムトック

ナムトック(น้ำตก は牛骨やハーブで味付けした汁に湯通しした豚や牛の血を混ぜて作る赤黒いスープです。

血入りと言われると敬遠したくなりますが、臭みはなく、味は少し甘めでコクがあります。

血には火を通していますので、生臭さは飛んでいて、ウスターソースのような味わいです。

お勧めの麺の太さ:細麺
注文例クィッティアオ・センレック・ムー・ナムトック(ก๋วยเตี๋ยวเส้นเล็กหมูน้ำตก =(細麺)豚入り血スープラーメン

トゥン

クィッティアオ ・バミー(タイラーメン) トゥン

トゥン(ตุ๋น は五香粉や八角を入れ、豚などの肉を煮込んで作る醤油ベースのスープです。

漢方のような味で、多くのスパイスが使われているので、良い香りがします。

肉はトロトロに煮込まれてやわらかく、具は豚、鶏、アヒルなどを入れます。

お勧めの麺の太さ:細麺
注文例クィッティアオ・センレック・ペット・トゥン(ก๋วยเตี๋ยวเส้นเล็กเป็ดตุ๋น =(細麺)薬膳アヒルラーメン

麺の種類を選ぶ

麺は、米の麺(クィッティアオ・センミー、センレック、センヤイ)小麦麺(バミー)の4種類があります。

クィッティアオ・センミー 極細麺

センミー(เส้นหมี่ ビーフン位の太さで、ヘルシーなイメージからか、女性に人気の麺です。

ナムサイ(すましスープ)やナムトック(血入りスープ)と相性が良いです。

クィッティアオ・センレック 細麺

センレック(เส้นเล็ก 2~3ミリの太さで、一番オーソドックスでどのスープにも合う麺です。

ツルンっとした喉越しで、弾力ある食感が楽しめます。

クィッティアオ・センヤイ 太麺

センヤイ(เล้นใหญ่ 2~3センチ位の太さで、炒めて餡かけや、焼きそばの汁なし料理に使われる事が多いです。

汁ありラーメンとして食べる時は、濃い目のスープと相性が良く、私はイエンタフォーを頼むとき、この麺を組み合わせたりします。

モチモチした太麺がスープによく絡み、食べ応えがあって大好きです。

バーミー中華麺

クィッティアオ ・バミー(タイラーメン) バーミー中華麺

バーミー(บะหมี่ 小麦粉の中華麺です。

ワンタンやチャーシュー、アヒルなどの具を乗せて食べる事が多いです。

日本のラーメンのような食感で食べます。

具材を選ぶ

ヌア เนื้อ (牛)、ムー หมู (豚)、ガイ ไก่ (鶏)、ペット เป็ด (アヒル)、プラー ปลา (魚)、クン กุ้ง (エビ)、ルークチン ลูกชิ้น (つみれ)、ギィアオクン เกี๊ยวกุ้ง (エビ入りワンタン)などから選びます。

その他、選んだスープの種類で、お店の人が、野菜、練り物、揚げにんにく、チャーシュー、お麩などスープに合わせたトッピングをしてくれますので、おまかせします。

汁の有無を選ぶ

クィッティアオ ・バミー(タイラーメン) 汁の有無

最後に汁あり(ナーム น้ำ 、汁なし(ヘーン แห่ง かを選びます。

汁ありはラーメン風になり、汁なしは、油そば風になり、他にも、汁なしで炒める(パッドヘーン ผัดแห่ง というオーダーの仕方もあり、焼きそば風に調理されます。

食べたいメニューを注文しよう!

クィッティアオ ・バミー(タイラーメン)

ここまでの内容を注文するのは、なかなか難しいと思いますので、分からなければ、自分が食べたいメニューの写真を指差したり、メニューの番号を言ったり、周りを観察し、同じものが欲しいと言ってみたりして下さい。

英語の表記があるお店も多いので、何とかなります。

最後に、テーブルに置いてある調味料を入れて、自分流に味付けしてラーメンを仕上げます。

タイの人は調味料を豪快に入れたりしていますが、最初は少量を入れ、様子を見ながらにした方が良いと思います。

味が濃くなり過ぎたり、辛くなり過ぎたりしない様に加減して入れてみて下さい。


あわせて読みたい

  • タイのフルーツ

  • バンコクで食べたいエビ料理

  • BTSプロンポン駅

  • タイの調味料

  • 辛くないタイ料理はどれ?

  • レッドカレー