タイで日本の電化製品を使いたい人は必見!

タイで日本の電化製品を使いたい人は必見

タイ旅行に行く際、日本の電化製品を持って行っても、そのまま現地で使えるのかどうか気になるところだと思います。

ノートパソコンやスマートフォン、デジタルカメラの充電器やヘアアイロンなどのアイテムが使えるのか、できれば事前に知っておきたいですよね?

今回は、旅行者にとって大切な日本とは異なるタイのコンセントの形状と電圧についての注意事項をご紹介いたします。

タイのコンセントの形状は?

タイで日本の電化製品を使いたい人は必見

タイのコンセントは、日本と同じ2つ穴ものと、3つ穴のタイプがあります。

タイで日本の電化製品を使いたい人は必見

タイのプラグは日本と同じものと、ソケット(鉄の部分)が円錐型のものがありますので、コンセントは日本と違い、丸みのある穴があるのが特徴です。

日本の製品をタイで使用する場合には、コンセントプラグを同じ形状にするための変換プラグが必要となります。

ホテルによっては、どの形状でも対応出来るマルチタイプのコンセントがあり、日本の製品をそのまま使える所もあります。

タイの電圧は?

タイで日本の電化製品を使いたい人は必見

タイの電圧は220V 、周波数は50Hzで、日本(東日本100V・50Hz、西日本100V・60Hz)とは異なります。

タイの電圧は高い為、日本製の中にはそのまま使えず、変圧器が必要になるものもあります。

タイでそのまま使える製品

日本で販売されているパソコン、スマートフォン、デジタルカメラなどは世界基準仕様になっている製品が多い為、そのまま利用が可能です。

付属のACアダプターや製品に内蔵のアダプターは、電圧100V〜240V、周波数50/60Hzと世界で使えるよう、電圧に幅が設けられていますので、問題ありません。

変圧器が必要な製品

ヘアアイロン、美容家電などは電圧100Vまでの製品があり、注意が必要です。

日本の電化製品は基本、100V仕様になっています。

その様な製品を電圧が違う国で使おうとすると、破損や出火の原因になります。大切な事ですので、使用前に必ず製品の対応電圧を確認しましょう。

タイで日本の電化製品を使いたい人は必見
タイで日本の電化製品を使いたい人は必見

変圧器貸し出しサービスをしているホテルもありますが、数に限りがあります。

私はタイ対応の変圧器を持っていますが、いつも旅行の際に重宝しています。

長期滞在や頻繁に旅行に行かれる方は、電気店などで5000円くらいで販売されていますので、購入されると便利です。

ソケットも円錐型をしていますので、これをタイのコンセントに差し込めば、日本とは異なるコンセントの形状と、電圧の問題が1つで解決します。

事前に確認しておきましょう

いかがでしたか?

タイ旅行の際は、変換プラグと変圧器さえあれば、日本の電化製品が使用可能となります。

パソコン、スマートフォン、デジタルカメラの充電が出来れば、特に不自由はありませんが、タイの電圧は日本の2倍以上の強さですので、安全の為にも、知っておきたい情報だと思います。

せっかく持って行った電化製品が使えない(泣)なんてことが無いように事前に確認しておきましょう。

あわせて読みたい

  • バンコクの人気ホテル 8選

  • バンコクでのホテル宿泊時の流れと注意事項

  • バンコクのホテル選び – 移動に便利がポイント

  • ホテルで快適に過ごす為のタイ語フレーズ集

  • バンコクホテル宿泊時のデポジットの支払いについて