タイ語を学ぶ – 初歩レッスン・入門から上級まで

タイで標準語として使用されている言語はタイ語です。

子音は42種類、母音は9種類、5つの声調があります。

発音は耳に心地良い、鼻から抜ける様なやわらかい発音をします。

特にバンコクでは、大声で話す事を嫌い、少し小声で穏やかな口調で話す事が好まれていますので、タイ語が分からない人には、中国語を静かに話している様に聞こえるかもしれません。

英語よりもタイ語でコミュニケーション

タイ語を学ぶせっかくの海外旅行、観光でよく使う基本の言葉くらいはは覚えて、現地の方とコミュニケーションしたいですね。

タイ語は男性言葉と女性言葉があります。

男性はクラップ[]、女性はカー[]を語尾に付けて話します。(日本語の~です、ますに相当します)

知っていると便利な基本の言葉は、次のような言葉があります。

これらの言葉を覚えておくと、タイの人と楽しくコミュニケーションが取れるでしょう。

日本語 タイ語(男性) タイ語(女性)
こんにちは
※一日中、挨拶で使われます
サワディー・クラップ サワディー・カー
ありがとうございます コップン・クラップ コップン・カー
ごめんなさい コートート・クラップ コートート・カー
大丈夫です マイペンライ・クラップ マイペンライ・カー

バンコク旅行中にタイ語を習いたい人は

タイ語を学ぶ50分間 タイ語基礎レッスン TLS(タイランゲージステーション)というものが、HISオプショナルツアーにあります。

東京や大阪などにも分校をもつ、藤崎ポンパン氏が校長の人気語学学校「TLS/タイランゲージステーションバンコク校」。

実用タイ語検定の窓口にもなっている、信頼できるタイ語学校です。

50分間の初歩レッスンを行う『バンコク校』は、BTSアソーク駅からは直結の便利な立地、H.I.Sスクチャイラウンジと同じビルに入居しています。

現地の言葉に親しみを持つと更にタイ旅行が楽しくなるはず、タイ語の基礎を勉強して旅をレベルアップしましょう!

  • アクセス:BTSアソーク駅より徒歩2分(タイムズスクエアビル14階)
  • 内容:レッスン50分間 9:00~18:00(月-金) 9:00~13:00(土) の間で開始時間を指定
  • 休校日:日曜・祝日・指定休校日(年末年始およびタイ正月etc.)はお休み
  • 料金:480B

※ツアーについては、内容が変更になる事がありますので、ご希望の方は旅行前に主催会社に確認することをお勧めします。

本格的に学びたい人は

タイ語を学ぶ「TLS/タイランゲージステーション」はバンコク市内に4校あり、入門から上級まで様々なコースと少人数制のグループレッスン、プライベートレッスンがあります。

私も数年前にこちらの学校に通い、日常会話が徐々に出来るようになりました。

今でも、学んだタイ語を活かし、タイ旅行を楽しんでいます。

また、東京の新宿と秋葉原、大阪に分校があり、帰国後も続けて学ぶことができるようです。(こちらにも1日体験コースがあります)

あわせて読みたい

  • タイ語の地名(音声付き)一覧

  • 黄金の涅槃仏のお寺「ワット・ポー 」

  • タイ仏教の神様

  • ルーシーダットン – ワットポーで朝のルーシーダットン体験はいかが?

  • 知っておきたいタイの仏教行事

  • タイ舞踊 (ナータシン・タイ)